カードローンの借り換えタイミングを見極めることの大切さ

カードローンの契約は、年率がなるべく低く返済しやすい金融業者の商品を選ぶことが大切です。

なぜなら、毎月の約定返済日が常に給料日前の状態では、つい追加借入を行ってしまいがちだからです。返済を着実に続けるためには、少なくとも返済日を給料日直後に持って行くことが確実な返済に必要となります。カードローン商品の中には、転職に伴い給料日が変更になった場合でも、返済日の変更を認めていない金融業者が少なくありません。

返済日を変えられないならば、カードローン自体を借り換えてしまえば良いでしょう。

しかし、カードローン商品の利用規約を確認すると、借り換え目的による利用についてのみ禁止している金融業者が多くみられます。背景として、消費者金融ではかりかえ専用ローンを用意している兼ね合いから、カードローン新規契約により借り換えることは想定外の使い方となるわけです。

そこで、カードローンの借り換えタイミングを変えて、新規借入と既存のカードローン返済に若干のタイムラグを発生させ、金融業者に借り換えを知られないようにすれば良いでしょう。個人信用情報機関へ登録された信用情報により、借入と返済については金融業者が把握出来ますが、1週間程度のタイムラグがあり金額にもズレがあれば、借り換えたとは証明出来ません。

Comments are closed.