THE お姉ちゃん降臨?

家には2歳差の姉妹がいます。上の子は今年で3歳、下の子は1才になります。

次女が生まれる前に夫と懸念していたのが、長女のいやいや期と赤ちゃん返りでした。

先輩ママからはとにかく何かあったらまず上の子をかまってとアドバイスをもらっていたので、そのようにするつもりでした。

ところが実際に次女が産まれて自宅に戻ったあと、長女は驚きの変貌を見せました。セノッピーの3ヶ月間の効果

もともと素直で育てやすい子だとは思っていましたが、やはり次女が産まれたら妬んだり親にかまってほしくてわざといたずらしたりするんじゃないかと思っていました。

ところが長女はお姉ちゃんとしての頭角を見る見る現していきました。

妹がすやすや眠っているときにはそっと毛布をかけてあげたり、自分がやる!と言って私の持っていたミルクを妹に飲ませてあげたり。

1番驚いたのは、私が次女に授乳していたときに空いていたスリングにぬいぐるみを乗せて抱っこし、部屋をお散歩していたことです。

それを見たときに初めて「この子はちゃんとお姉ちゃんになってくれたんだな」と実感しました。

それからも寝返りをうって床に頭をぶつけた次女のために、両手に抱えきれないほどぬいぐるみを持ってきて床に置き「これでいたくないよ」と次女を慰めてあげたり、一生懸命つかまり立ちをしている次女の手を取って一緒に歩こうとしたりします。

それは長女が元々持っている母性なのか、それとも親が次女をお世話する姿を見て学んでくれたことかは分かりませんが、私はそんな長女のことを誇らしく思います。

願わくば次女も長女のように、年下の子にやさしくできる子に育ってくれますように。

Comments are closed.