タグ: 限度額

消費者金融は限度額の範囲であれば何度でもお金を借りる事が出来ますが、実際に限度額はどのぐらいで設定されているのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の限度額はどのぐらいで設定されているのかを見ていく事にしましょう。

消費者金融で限度額が高く設定されているのはアコムとSMBCモビットで最大800万円までとなっています。多額の借り入れをする時はアコムとSMBCモビットを利用するのが適しています。消費者金融の中でも人気が高いプロミスは限度額が最大500万円までとなっています。

アコムとSMBCモビットと比較すると限度額が抑えられているので少額の借り入れをする時に利用するのが適していると言えます。しかし消費者金融は総量規制の対象になっているので年収によって限度額の設定も異なるので注意しましょう。

お金が急に必要になったとき、どこからお金を借りれば良いのか分からず困ってしまった方も少なくないでしょう。身内や友達からお金を借りると、後々、人間関係がギスギスしてしまったら嫌ですし、そもそもお金を貸して欲しいと言い出すのも気が引けるという人が大半でしょう。

そんな時に、役に立つのが、銀行や消費者金融などからキャッシングするという方法です。消費者金融などからの借り入れの場合、以前は店舗の窓口に出向いて書類のやり取りなどをしなければなりませんでしたが、近年は、インターネットが普及していますので、ほとんどメール等で書類のやり取りも完結し、直接相対する必要もなくなってきています。

つまりは、家族や友人に知られることもなく、また、お店の人と顔を合わせることもなく、キャッシングを行えるようになっていますので、大変便利な時代になったと感じます。

ところで、銀行や消費者金融からキャッシングすると言っても、無尽蔵にお金を借りることができるわけではなく、審査が行われ、その結果、あなたに貸出しを行えるのは50万円まで、そちらの方は100万円までOKというように、人によって借り入れを行える限度額は違ったものとなります。また、場合によっては審査に落ちてしまい、キャッシングを断られてしまうというケースも十分にありますので、注意が必要です。

それでは、個人がキャッシングしようとした場合、その借入限度額は、どのように決定されるのでしょうか。

業者があなたにお金を貸し付ける場合、もちろんボランティアではなく、商売で貸し付けを行っていますので、利息をつけてキチンとお金を返してくれるということが全ての前提となります。したがって、年収をはるかに上回るような金額の貸し出しを申し出られても、一般的には、受け付けてもらえないでしょう。

そこで、審査においては、貸したお金をきちんと返済する能力があるのかという意味で、あなたの年収や他からの借り入れ金額や件数、勤務先の情報や勤務歴、住宅が持家住宅かそれとも賃貸住宅か、など色々な点について点数化していき、借入限度額と金利が決定されることになります。

また、業者による審査だけでなく、法律の規定により、たとえば消費者金融からキャッシングするときは、年収の3分の1までというように、具体的な制限も設けられています。消費者金融から借り入れを行う場合、年収が300万円の人の場合、借入可能額は最大で100万円ということになりますね。

ただ、この規制は、貸金業者である消費者金融を縛る規制であって、銀行や信用金庫は、法律上、貸金業者に当たりませんので、この制限を受けません。したがって、銀行などからキャッシングしようとする場合、この制限を超えたお金を借りることも、理論上、可能となります。

ただ、銀行は、一般的に、金利が安い反面、消費者金融より審査が厳しくなる傾向があります。したがって、個々の状況によりけりではありますが、この年収の3分の1までという数字は、一定の目安として頭の片隅に置いておかれると良いでしょう。