タグ: 銀行ローン

銀行カードローンは大手消費者金融のカードローンに比べ金利が低く、利用限度内であれば自由に利用ができるという点でメリットが高いと考えていませんか?しかし、銀行ローンは安易にカードローンを利用するのではなく、目的に合わせて目的ローンを利用する方が利息が抑えられ、総返済額も少なくて済みます。

銀行ローンは、カードローンよりも目的ローンの方が金利はさらに低くなっています。カードローンは自由に借り入れと返済ができるという強みはあるものの、銀行にとって貸付リスクの高いものとなっており、同じ金額を借りるのであっても目的ローンよりは不利になります。

また、あくまで目的が明確かどうかというだけの違いで金利に大きな差があるため、銀行ローンは将来的にも借りる可能性があるといって判断するのではなく、個々の目的に合わせる方がベストになります。さらに目的ローンでも各種金融商品の契約による金利優遇も受けられる銀行もあるため、先ずは総返済額の抑えられるローンを選択するのがおすすめです。