タグ: 返済方法

キャッシング先を探していて、金利が似ている場合であっても、返済方法が違うだけで返済総額に数万円の開きが出てしまいます。なぜなら、金利は元本に対する年利のみを指しているので、毎回の返済額や計算方法については、金融業者の利用規約に明記されている方法に従うしかありません。最小返済額は、1ヶ月毎の利息を上回る金額ならば金融業者が任意に設定出来るので、毎回の最小返済額を低く設定するほど元本返済額を少なく出来ます。元本が減らなければ、金利は一定ですから返済回数を伸ばすことが出来て、結果的に総利息を多く受け取れるわけです。

返済方法には、消費者金融で最も多く採用されている残高スライドリボルビング方式だけでなく、定率返済や元金均等返済といった方式があります。また、中小消費者金融が行っている証書貸付では、元利均等返済方式が採用されているなど、返済方法は一律ではありません。残高スライドリボルビング方式では、最小返済額のうち利息払いに充てられる金額が最も少ないことが原因で、返済回数が増えてしまいます。元金均等返済ならば、毎回一定額の元本が確実に減るので、完済までの返済回数を最小に抑えることが可能です。返済方法を比較してキャッシング先を選べば、総利息を減らせると知っておきましょう。