タグ: 生活費

キャッシングは、すぐにお金が借りれるという非常に良いメリットがあります。

来月の収入で返済できるから、生活費の為に今月はキャッシングでやり過ごそうとする方も多々おられると思います。

一括返済で計画性がある場合においては、非常に魅力的なのですが、気をつけておかないと来月にしわ寄せが行きます。

返済したは良いものの生活費が足りないから再度キャッシングするなどの負の連鎖に陥る可能性があります。

安易にキャッシングされる事は、控えた方が良いでしょう。

キャッシングにおいて、一番危惧しておかなければならない事がございます。

それは、リボ払いへの変更です。カード会社によっても利子のパーセンテージは変動しますが、18パーセントと考えておけば問題ございません。

リボ払いとは、定額を毎月返済していくというものです。ついては、毎月の返済額はかなり減るものの借金自体の元金に対しても比例し削れない状況となります。

そこに年利18パーセントという利子が付与される為、私はキャッシングするなら無利子の一括払い、且つ収入があり返済に余裕がある方のみキャッシングする事をお勧め致します。

決して直ぐに現金が入るからと手をつけない方がよいでしょう。

私がカードローンを使用した理由は生活費の為でした。

当時私は転職したばかりで、また一人暮らしをしており、月給が10万円程度しかなかったのです。しかし家賃などを含めると半分以上が生活費として無くなってしまっていました。

食費を切り詰めたり、家にある家財道具などを売ったりしていましたが、同等家賃が払えなくなりそうになりました。

そこで次のお給料が入るまでとして、カードローン契約をすることにしました。

助かったのは、心に安定ができたことです。

実はこの時期副業もしていたのですが、休める暇が無く、心身ともに疲れきっていました。

家賃だけでも払えると考えると、それだけで食事はまともなものを食べれるようになり、副業も辞めることも出来たのでよかったです。

逆に困った事は返済があり、そこから先の生活も少し苦しかったのは事実でした。

また、自分のお金だと勘違いしてしまい、気軽に借りるようになってしまったことも、駄目だったと思います。ただ、この辺りは本当に人それぞれですので。

借りるのことは決して悪いことではありませんが、返済を無理をしない程度に出来るような額を借りてください。ローンが苦しくて身体を壊してしまったら元も子もありませんので。