タグ: 消費者金融

お金を業者から借りるという行為は金銭の貸借契約を業者と結ぶことになるため、当然のことながら契約書類の作成など手続きに時間を取られてしまうものです。特に銀行からお金を借りようと思った場合には非常に面倒な手続きが必要になってくるので、ローンの申し込みをしたその日のうちにすぐにお金を借りられるわけではなく、すぐにでも現金が欲しいという方は非常にやきもきした思いにさせられてしまいます。

その点、消費者金融のキャッシングでは手続きも簡単で時間を取られる心配はありません。もちろん、審査に通過することが絶対的な条件となりますが、審査に通過さえしてしまえば即日融資を受けることも可能になっています。急いでお金を用意したいという場面では、消費者金融のキャッシングがとても便利です。

消費者金融は店頭窓口と自動契約機がありますが、どちらで申し込みをすればいいのか分からない人も少なくないでしょう。基本的には自分の都合の良い方で構いませんが、実際にどちらを選べばいいのか見ていく事にしましょう。

消費者金融を既に利用した事がある人は借り入れまでの流れをある程度把握しているので自動契約機で申し込みをした方がスムーズに手続きが完了します。しかし初めて消費者金融を利用する時は不明な点も多いのでスタッフと会話をする必要も出てきます。自動契約機にも電話が設置されていてスタッフと会話をする事が出来ますが、対面して直接会話をした方が分かりやすいので初めて消費者金融を利用する時は店頭窓口を利用した方がいい場合もあります。

消費者金融の審査は厳しいのではないか、自分は通るか心配という方はホームページの簡易審査を利用すれば融資可能かがわかります。簡易審査は本審査ではありませんが、いくつかの項目を入力するだけの簡単な方法ですので申し込む前に融資可能か知りたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

消費者金融はサラリーマンでないと融資してもらえないような印象がありますが、サラリーマンでなくても融資してもらうこともできますのでまずは簡易審査をおすすめします。

即日融資をしてもらえる金融機関は最近増えていますがとても便利ですし金利がかからないところを利用すると更にお得です。いくつかの業者を比べて最も金利の低いところを利用しましょう。

消費者金融は限度額の範囲であれば何度でもお金を借りる事が出来ますが、実際に限度額はどのぐらいで設定されているのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の限度額はどのぐらいで設定されているのかを見ていく事にしましょう。

消費者金融で限度額が高く設定されているのはアコムとSMBCモビットで最大800万円までとなっています。多額の借り入れをする時はアコムとSMBCモビットを利用するのが適しています。消費者金融の中でも人気が高いプロミスは限度額が最大500万円までとなっています。

アコムとSMBCモビットと比較すると限度額が抑えられているので少額の借り入れをする時に利用するのが適していると言えます。しかし消費者金融は総量規制の対象になっているので年収によって限度額の設定も異なるので注意しましょう。

銀行カードローンを利用しているはずなのに、何故か見覚えのない消費者金融から封書が送られてきたり、連絡が来ることがあります。これは冗談ではなく、本当の話です。

何故こんなことが起きるのかと言うと、銀行カードローンにはどの銀行でも必ず保証会社が付いています。この保証会社の存在がある為、無担保、保証人なしでの融資が可能なのです。
つまり、もし契約者が返済を行わなくなってしまっても、銀行はその保証会社から代位弁済を受けることできるので、一切損はしない仕組みです。

そして、この銀行カードローンに付いている保証会社のほとんどは実は大手消費者金融です。
プロミスなどは約20もの銀行カードローンの保証会社となっており、銀行カードローンの返済を長期に渡って延滞した為に、銀行側が取り立てを諦めて保証会社から代位弁済が行われると、それと引き換えにその保証会社に債権が譲渡されます。
プロミスが保証会社だった場合、今度はプロミスから取り立てを受けることになるという訳です。
よって、銀行カードローンを利用しているのに突然消費者金融から連絡があり、債権の譲渡が行われたと伝えられることがあるのです。

ただ、この代位弁済や債権の譲渡はよほどのことがない限り行われません。
概ね3ヶ月以上も本来の返済日から延滞した場合がその対象だと言われており、ここまで遅れてしまうことは自ら返さないと決めた場合を除いてまずないでしょう。
その為、普通に利用していれば何も心配は要りません。数日返済が遅れた程度ではこのようなことにはならないので安心してください。