タグ: 学生

キャッシングは満20歳以上にならないと審査で落ちる為、社会人にならないと難しいと考えてしまう方もいますが学生の場合は年齢的な要件をクリアすれば、意外にすんなりとキャッシング出来てしまう事も多いです。

理由は学生の場合は、大抵の方が初めての利用となります。キャッシングは過去に返済が滞って事故を起こしたりすると審査が通りにくくなりますが、学生の場合はそれがないの初めてなら貸してくれやすいです。

また、借りるためには安定収入が要件の一つになってきますが、それはアルバイトでもOKです。月々数万円のアルバイト収入が入ってくる方なら、それでキャッシングの審査が通ってしまうこともよくあります。学生でお金に困ったら、審査を受けてキャッシングをするのも良いでしょう。

学生でもキャッシングは行えますが、20歳以上になっていることが条件です。つまり、成人でないとキャッシングは利用できません。これは借入先を問わず、どこを利用しようとして一緒です。

クレジットカードは18歳以上でも作ることができますが、その場合もキャッシング枠は20歳になるまで付きません。これらの直接現金を借りる行為は自分自身でその契約に責任を持てる成人にならないと利用できないのです。

この理由は、民法によって未成年が行った契約はその保護者に当たる人が一方的に解除できる為です。キャッシング会社側も折角結んだ契約を後から人に解除されてしまってはたまりません。

ショッピングローン契約の場合はクレジットカードと同じく18歳から利用できますが、必ず保護者の同意が必要になります。キャッシングは使い道が自由なお金を直接に借りる行為だけに、後から解除されるとしてもその時には相当のトラブルが予想されます。その為、例え保護者の同意があっても未成年では利用できなくなっているのです。