タグ: 利用規約

カードローンの多くは、資金用途自由として募集されていますが、借り換え目的を禁止している会社も少なくありません。消費者金融では、借り換え専用におまとめローンを用意しているので、借り換え目的ならばおまとめローンを利用して欲しいとしている会社があるからです。しかし、利用者からすると、利息制限法で定められている上限金利ギリギリの金利で貸付を行なう体制が、借り換えが頻発することにより銀行カードローン並に低金利化することを回避するために自主規制していると考えられます。少しでも低金利なカードローンに借り換えれば、返済が楽になるので、利用者は積極的な借り換えを行いたくなるでしょう。

利用規約に借り換え目的禁止とされているカードローンであっても、低金利であったり返済日が自身の給料日と合っていれば、利用したくなるでしょう。借り換えタイミングを上手に工夫することで、利用規約に抵触した借り換えを行っているとバレない方法があります。借入れ額と借り換え返済額を同じとせずに、日付もズラして複数回に分けて借り換えれば、明らかに借り換え目的で行ったとはバレにくくなります。日付と金額を意図的にズラして、貸金業者に悟られない借り換えが望ましいでしょう。