タグ: 借り入れ

即日融資が可能と話題のレイクALSAですが、「本当にすぐ借りられるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな疑問を解消するために、私が借り入れまでにどのくらいの日数がかかったかというのを実体験で紹介します。

まず、結論から言いますと自分は即日融資はしてもらえませんでした。仮審査はすぐに終わりましたが、本審査から契約までに時間がかかってしまったのです。

原因としては、オペレーターからの電話をすぐに気づけず、記入事項の確認や在籍確認に即対応できなかったことがあげられるでしょう。

実際に融資までにかかった日数は申し込んだ日を含めて3日間ほどです。短いと言えば短いですが、即日とは言えませんね。

しかし、私の場合はオペレーターの連絡にすぐ対応できなかったという原因があります。オペレーターとの電話にすぐ対応出来るようにしておくことで、即日融資も可能になるのではないでしょうか。

また、即日融資に対応してもらうには、21時(日曜日は18時まで)までに契約が終了している必要があるので、それに気を付けておくのもポイントです。即日融資が必要ならば、申し込みはなるべく早くしておくといいでしょう。

在籍確認なども柔軟に対応してくれるので、レイクALSAで借りること自体はおすすめですよ。

キャッシングの申し込みをする際に多くの人が気になるのが審査の時間や実際にお金を借り入れるまでの時間だと思います。急ぎの用でお金が必要になる時に限ってその時間が分からないのはとても困ると思いますので、これからしっかりと利用するためにも是非知っておきましょう。

さてキャッシングの口コミサイトや金融会社のホームページなどを検索してみた方には、審査時間が最短〇〇分といったキャッチコピーを見たことがあると思います。これに関してはアコムやプロミスなどの大手の消費者金融系のほとんどに当てはまりますが、逆に銀行系などのしっかりとしたキャッシングに関しては、審査内容が厳しいため当日に審査が返ってくるとは限らないので注意しましょう。大手の消費者金融系での申し込みに関してはWEB申し込みや電話や来店などの方法がスタンダードになってきまして、この場合に関しては最短30分から当日までには審査の可否が届くことが多いそうです。

大手の消費者金融系でも郵送手続きを行っている場合がありますが、これは郵送という手順のために審査は書類が向こうに着いてからということになるので遅れてしまいます。さて実際にWEB申し込みな電話や来店の場合には審査時間がかなり短くなりますが、ここで一つ注意しなければならないのは必要書類に関してです。大手の消費者金融系では借り入れ限度額に応じて収入証明が不要となっており本人確認書類だけの場合には準備の関係で審査時間が短くなりますが、限度額を多く申し込みする時には収入証明をあらかじめ用意しておく必要があるので、それに気づかずに申し込みをしてしまうとせっかくの即日審査がつまずいてしまうので注意しましょう。

一方で銀行系などの金利が安くて大口のキャッシングに関しては、審査をきっちりと行うために審査期間は一般的に長くなる傾向があります。これに関してはお店で別々ですが当日なところもあれば一週間ほどかかる場合もあるそうです。

さて審査期間の次に気になるのが借り入れまでの時間ですが、これも大手の消費者金融系と銀行系で違ってきます。しかしおおまかに言えば審査期間が最短〇〇分といったところは、ほとんどが即日融資に対応していますし、逆に銀行系んどは借り入れにさらに時間がかかる場合がほどんどなのです。

大手の消費者金融系に関しては当日に審査が受かった場合、そのまま即日融資が出来ることがほどんどですが、一点だけ注意する必要があります。借り入れ方法に関しては審査が通った後にカードをもらいに店舗に行く場合と銀行振り込みの方法がありますが、前者は店舗や無人契約機の時間内に行く必要がありますし、後者は借りたキャッシングが提携している銀行の当日振り込みの時間内に間に合うように契約を済ませて振り込み以来をしなければなりません。

しかし最近ではインターネットバンキングに対応しているキャッシングも増えましたので、この場合には通常の銀行よりも振り込み受付時間が長いこともあって便利になっています。口座振り込みといえば銀行系のキャッシングはそのまま利用した銀行の口座を直接使うことが多いので、振り込みがメインとなっています。