タグ: 個人信用情報

キャッシング審査において、個人信用情報の照会が必ず行われます。銀行の場合、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3機関の照会となり、大手消費者金融でもCICおよびJICCの2機関に照会を行います。

審査落ちしてしまう情報としては金融事故であり、自己破産や個人再生といった債務整理情報や債権回収、保証履行、強制解約、債権譲渡という取引履歴があるとほぼ審査は通過出来ません。

では、返済遅延はどうかと言うとCICとJICCでは情報の保管期間が異なり、CICの場合は『契約期間中および契約終了後5年以内』、JICCは『当該事実の発生日から1年を超えない期間』となっています。

このことは審査にどう影響するかと言うと、JICCの情報が消えてもCICの情報を照会されてしまうと審査落ちしてしまいます。そのため、両方の個人信用情報機関の登録会員である保証会社や消費者金融については、事故情報が残る限る審査申し込みをしないのが得策となります。もし、キャッシング契約が必要な場合は、中小消費者金融かつJICCのみの情報を直接照会する会社を選択することが重要になります。