タグ: 仕組み

消費者金融などの貸金業を営むにあたっては、総量規制という制度が適用されます。この総量規制の制度は以前にはなかったのですが、多重債務者や自己破産の問題を受けて取入れられたものです。

簡単な内容は、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する制度で法律によって定められています。3分の1を超えるというのは、1社あたりの借り入れ金ではなく、他社に借り入れがある場合には合算して計算されます。

しかし、この総量規制の制度が適用されないローンもあります。それは銀行系のカードローンです。銀行は貸金業ではないので、その裁量によって利用限度額を設定することが可能です。そのため、収入の3分の1を超える貸し付けを行うことも可能です。

しかし、審査の面では消費者金融より通りにくい傾向にあります。