タグ: キャッシング

主婦がキャッシングを行なう際には、従来は消費者金融が利用されていました。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、総量規制の影響を受けて借入れが本人の年収の1/3以内に限定されたことが影響し、借入先の中心が銀行カードローンへ移動しています。なぜなら、銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは異なる法律に則って貸付業務を行っているので、総量規制対象外だからです。主婦とひとくちに言っても、専業主婦と兼業主婦の2通りあるので、少なくとも本人に収入が無い専業主婦は、銀行カードローンを選ばなければなりません。

しかし、パート勤務や正規雇用で働く兼業主婦は、自らの収入を基準として消費者金融からの融資を受けられます。柔軟な審査に定評がある消費者金融を選ぶ場合には、利用限度額は総量規制の範囲内に限られるものの、審査通過という面では金利が高い分だけ銀行カードローンよりも通りやすいと考えられるでしょう。一方、金利面を考えると銀行カードローンを利用した方が、平均3%以上も金利設定が低くなるので、審査に通過さえすれば銀行カードローンが有利です。100万円以内の利用限度額ならば、消費者金融では利息制限法の上限金利ギリギリな18%弱の貸付金利に対して、銀行カードローンは14%台が一般的となっています。

キャッシング先を探していて、金利が似ている場合であっても、返済方法が違うだけで返済総額に数万円の開きが出てしまいます。なぜなら、金利は元本に対する年利のみを指しているので、毎回の返済額や計算方法については、金融業者の利用規約に明記されている方法に従うしかありません。最小返済額は、1ヶ月毎の利息を上回る金額ならば金融業者が任意に設定出来るので、毎回の最小返済額を低く設定するほど元本返済額を少なく出来ます。元本が減らなければ、金利は一定ですから返済回数を伸ばすことが出来て、結果的に総利息を多く受け取れるわけです。

返済方法には、消費者金融で最も多く採用されている残高スライドリボルビング方式だけでなく、定率返済や元金均等返済といった方式があります。また、中小消費者金融が行っている証書貸付では、元利均等返済方式が採用されているなど、返済方法は一律ではありません。残高スライドリボルビング方式では、最小返済額のうち利息払いに充てられる金額が最も少ないことが原因で、返済回数が増えてしまいます。元金均等返済ならば、毎回一定額の元本が確実に減るので、完済までの返済回数を最小に抑えることが可能です。返済方法を比較してキャッシング先を選べば、総利息を減らせると知っておきましょう。

多くのキャッシングサービスでは、主婦でも利用することができるようになっています。但し、それは収入が少なからずある、ということが条件になります。収入がないとそもそもキャッシングでは貸すことができないということになってしまうので注意しておきましょう。主婦であろうともいきなりお金が必要になることがあるでしょう。

キャッシングサービスは多くの業者が提供していますが、お金を借りる時には色々と書類を提出することになります。身分証もそうでしょうし、在籍している職場の連絡先なども必要になってくることでしょう。主婦であろうとも収入があればそれに対して総量規制はかかることになりますが、それでも十二分に借りることができる可能性があります。キャッシングは担保なしですし、保証人も不要ではあるからこそ、よく調べられることになります。金融信用情報的に問題がなく、その上で収入があれば貸してもらうことができる可能性があります。ですが、もう一つの方法として配偶者貸付、というのがあります。これは総量規制の金額を配偶者の収入も含めて考えることができるやり方です。絶対にやってくれるわけではなく、その制度を利用している業者である必要があります。

キャッシングにおいてなるべく利息を少なくする方法は、金利が低い金融機関を利用することと返済期間を短くすることが有効です。その中で返済期間を短くする方法は月々の返済額を多くすることと繰上げ返済を利用する方法が主にあります。

月々の返済額を多くすれば返済期間を短くすることができますが、あまり多くの返済額にしてしまうと延滞などの可能性もあるので、月々の返済額はあまり無理のない額にしておいて、返済に余裕があるときに繰上げ返済を利用する方法が合理的と言えるでしょう。

繰上げ返済が利息を少なくすることに効果があるのは、キャッシングの利息の計算方法からわかります。通常の返済は借り入れ元本から計算された利息額を先に充当し、返済額から利息額を引いた残りが借り入れ元本の返済になります。

そのために借り入れ元本が減少しにくいシステムになっています。借り入れ元本が減らなければ、借り入れ元本をベースに計算される利息が大きく減っていくことがないというループになってしまいます。ところが繰上げ返済を利用すれば、返済額のすべてを借り入れ元本に充当する事ができるために借り入れ元本が大幅に減ることになります。翌月以降も大幅に減った借り入れ元本から利息が計算されるので好循環のループになるのです。

キャッシング審査において、個人信用情報の照会が必ず行われます。銀行の場合、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3機関の照会となり、大手消費者金融でもCICおよびJICCの2機関に照会を行います。

審査落ちしてしまう情報としては金融事故であり、自己破産や個人再生といった債務整理情報や債権回収、保証履行、強制解約、債権譲渡という取引履歴があるとほぼ審査は通過出来ません。

では、返済遅延はどうかと言うとCICとJICCでは情報の保管期間が異なり、CICの場合は『契約期間中および契約終了後5年以内』、JICCは『当該事実の発生日から1年を超えない期間』となっています。

このことは審査にどう影響するかと言うと、JICCの情報が消えてもCICの情報を照会されてしまうと審査落ちしてしまいます。そのため、両方の個人信用情報機関の登録会員である保証会社や消費者金融については、事故情報が残る限る審査申し込みをしないのが得策となります。もし、キャッシング契約が必要な場合は、中小消費者金融かつJICCのみの情報を直接照会する会社を選択することが重要になります。

大きな買い物をした直後に、突発的な出費などが重なるという事も人によってはあります。そのような時に自力で工面することが難しいこともあります。その際には、キャッシングを利用するという事も一つの方法です。しかし、キャッシングをするのであれば、必ず比較をすることが重要です。

特に、初めての方であれば比較をすることによって金利などが高く付いてしまうという事を防ぐことは重要です。また、借り入れをする際は様々なサービスがありますので、事前にチェックしておくことも重要です。特に、すぐにお金を借りたいという方は、多いです。最近では、その日のうちに審査が完了する金融機関もあります。そして、希望をすればその日のうちに借り入れが出来る為、複数の金融機関を比較することは重要です。

また、短期間でお金を返せるという方であれば、一定期間無利息のキャッシングもあります。期間を過ぎなければ、利息なく返済が出来る為、状況によっては利用を検討することも必要です。

ローンには住宅ローンやマイカーローン、リフォームローン、教育ローンなどいろいろな種類があります。これらのローンは借りたお金の使いみちは予め決められています。住宅ローンは住宅の購入費、マイカーローンはマイカーの購入費、リフォームローンはリフォーム資金、教育ローンは子供の教育費と言った具合です。なぜ予め使いみちが決められているのかその理由は違う目的でお金を借りられると後で返済に困りかねないからです。

しかしカードローン・キャッシングでは使いみちは原則自由です。生活費でも良いですし、お買い物でも趣味でも海外旅行でも良いですし、治療費でも入院費、引っ越し費用でも良いのです。その代りに事業性資金は除くと記載されていることが多いです。事業性資金については個人事業主の方用のカードローンがありますのでそちらにお申込みされると良いです。

カードローン・キャッシングにお申込みされると使いみちを聞かれることがあります。使いみちは自由なので好きなことを答えて構わないです。しかし答えた使いみちによっては審査に悪影響が出る可能性があります。それはあまりこのような使いみちを答える人は居ないでしょうが、ギャンブルや浪費などの使いみちです。

お金を借りてまでギャンブルや浪費に使う人は後々返済に困る可能性が高いと判断されてしまいます。カードローン・キャッシングでは担保も保証人も不要でお金を貸しているので、返済を滞納されると回収が難しくなってしまいます。そういった理由から後々返済に困りそうな使いみちだと審査の際に嫌われる可能性があります。

使いみちを聞かれたときは基本的に正直に答えるものではありますが、審査に落ちてしまうと後で何かと面倒なので無難な使いみちを答えたほうが良いです。銀行のカードローンでは保証会社が審査を行っています。もし無計画な使いみちで借入を繰り返し、返済を滞納してしまうと銀行から保証会社へと債権者が移ることがあります。銀行の代わりに保証会社から一括請求が来てしまいます。

1か月滞納しただけでいきなり一括請求されることはありませんが、3か月以上滞納されると実施されることがあります。遅延損害金といったペナルティーも課せられます。借金の理由がギャンブルや浪費だと自己破産が認められないことがあります。それはギャンブルや浪費は免責不許可事由に該当するからです。

裁判官によっては裁量で自己破産を認めてもらえることがありますが、あくまでも裁量なので必ず自己破産できるわけではないです。後で後悔しないよう無理のない計画が大切です。まずは使いみちを決めてそれ以上のお金は借りないようにすると良いでしょう。

なるべく借りるお金を増やさないほうが利息のお支払も減らせますし、毎月の返済額も楽になります。カードローン・キャッシングでは最初にお申込みする段階でご利用限度額を希望できることが多いです。ご利用限度額も使いみちに合わせて希望されておくと審査に受かりやすいです。信用力以上のご利用限度額を希望されると審査が厳しくなりますので注意してください。

キャッシングの申し込みをする際に多くの人が気になるのが審査の時間や実際にお金を借り入れるまでの時間だと思います。急ぎの用でお金が必要になる時に限ってその時間が分からないのはとても困ると思いますので、これからしっかりと利用するためにも是非知っておきましょう。

さてキャッシングの口コミサイトや金融会社のホームページなどを検索してみた方には、審査時間が最短〇〇分といったキャッチコピーを見たことがあると思います。これに関してはアコムやプロミスなどの大手の消費者金融系のほとんどに当てはまりますが、逆に銀行系などのしっかりとしたキャッシングに関しては、審査内容が厳しいため当日に審査が返ってくるとは限らないので注意しましょう。大手の消費者金融系での申し込みに関してはWEB申し込みや電話や来店などの方法がスタンダードになってきまして、この場合に関しては最短30分から当日までには審査の可否が届くことが多いそうです。

大手の消費者金融系でも郵送手続きを行っている場合がありますが、これは郵送という手順のために審査は書類が向こうに着いてからということになるので遅れてしまいます。さて実際にWEB申し込みな電話や来店の場合には審査時間がかなり短くなりますが、ここで一つ注意しなければならないのは必要書類に関してです。大手の消費者金融系では借り入れ限度額に応じて収入証明が不要となっており本人確認書類だけの場合には準備の関係で審査時間が短くなりますが、限度額を多く申し込みする時には収入証明をあらかじめ用意しておく必要があるので、それに気づかずに申し込みをしてしまうとせっかくの即日審査がつまずいてしまうので注意しましょう。

一方で銀行系などの金利が安くて大口のキャッシングに関しては、審査をきっちりと行うために審査期間は一般的に長くなる傾向があります。これに関してはお店で別々ですが当日なところもあれば一週間ほどかかる場合もあるそうです。

さて審査期間の次に気になるのが借り入れまでの時間ですが、これも大手の消費者金融系と銀行系で違ってきます。しかしおおまかに言えば審査期間が最短〇〇分といったところは、ほとんどが即日融資に対応していますし、逆に銀行系んどは借り入れにさらに時間がかかる場合がほどんどなのです。

大手の消費者金融系に関しては当日に審査が受かった場合、そのまま即日融資が出来ることがほどんどですが、一点だけ注意する必要があります。借り入れ方法に関しては審査が通った後にカードをもらいに店舗に行く場合と銀行振り込みの方法がありますが、前者は店舗や無人契約機の時間内に行く必要がありますし、後者は借りたキャッシングが提携している銀行の当日振り込みの時間内に間に合うように契約を済ませて振り込み以来をしなければなりません。

しかし最近ではインターネットバンキングに対応しているキャッシングも増えましたので、この場合には通常の銀行よりも振り込み受付時間が長いこともあって便利になっています。口座振り込みといえば銀行系のキャッシングはそのまま利用した銀行の口座を直接使うことが多いので、振り込みがメインとなっています。

キャッシング審査の基準や内容が事前に解ると、審査申込前から審査通過の為に対策が出来ますから、現在の自分の状態で借入れ可能かどうか、審査に落ちた時には理由を教えてくれるかどうか等、キャッシング審査に関しては気になる事が多いものです。

結論から言えば、どこの業者でも明確な審査基準等は解っていないですし、審査落ちによって理由を教えてくれる業者もありませんが、金融業者には共通の審査基準等もありますから、現状と照らし合わせる事によって見通しを付ける事は出来ます。

審査通過の共通項としては借金返済出来るかどうかという返済する能力であり、業者によって細部の条件は違うものの、融資したお金を返してもらえるかどうかが重要であり、それは申込者の属性等から割り出される事になります。

そこで属性から返済能力をどうチェックしているのか、ポイントを知っておけば対策出来ますし、審査落ちした時にも何となく足りなかった部分が見えますから、整理してチェックしていくと良いでしょう。

「属性から返済能力を計るとは何か」

金融業者のキャッシング審査では属性チェックによって返済する力を備えているかどうかを見極めていく事になります。

業者によってどこまで属性を追求するかは違ってきますが、基本的には年齢や職業、年収、借金履歴、この辺りはどこの業者でも必要な情報であり、成人以上で安定した収入があって借金履歴に問題が無い方は融資を受ける事が出来る可能性が高いです。

さらに業者によっては持ち家か借家か、固定電話があるかどうか、家族と同居か一人暮らしか、こういった要素も照らし合わせて判断する事もあり、申込者が返済出来なくても居場所が移りにくい持ち家や家族同居、固定電話有りとなれば、業者側からしても融資しやすくなります。

無職無収入の場合は返済能力が無いと見なされてしまい、一般的には融資を受ける事が出来ないですが、これは当然であり、収入が無ければ返す事も出来ないですし、キャッシング融資をしても貸し倒れしてしまうリスクがあると思われるからです。

ですから基本的には貸したお金を返してくれるかどうか、この点について調べていく事になり、属性が高いというのは貸し倒れリスクが低い客と言えるでしょう。

公務員や一部上場企業の正社員で在籍年数が長いという場合は、安定した収入があるとみなされますし、仮に高収入でも個人事業主の場合は収入に波がある事から審査では不利になる傾向もあります。

もちろん公務員等でも過去の借金歴に問題があったり、借金件数が多い等の時には審査に通らない事もありますから、この辺りの要素を整理しておくと、自身が審査に通るには何を整えておけば良いか見えますし、審査落ちの理由も想像付ける事が出来ます。

「審査落ちした時の対応策について」

業者を利用出来るかどうかは金融業者のサイトにある数秒で自動診断出来る仮審査を使う事も有効であり、簡易な基本情報を入力すると、審査に挑めるかどうかという最初の部分をコンピューターで判定してくれます。

ここで落ちてしまうと本審査に進めないですから、入力した情報の部分で問題があるという事ですから、業者が判定する属性の何が問題あるか想像する事が出来ます。

本審査で落ちた時には詳細の理由は教えてもらえないですし、審査落ちの時の対応策としては、属性から何が足りないかを知って対策をとる事も重要ですが、審査の柔軟な申込先に変更するという事が有効でしょう。

お金が急に必要になったとき、どこからお金を借りれば良いのか分からず困ってしまった方も少なくないでしょう。身内や友達からお金を借りると、後々、人間関係がギスギスしてしまったら嫌ですし、そもそもお金を貸して欲しいと言い出すのも気が引けるという人が大半でしょう。

そんな時に、役に立つのが、銀行や消費者金融などからキャッシングするという方法です。消費者金融などからの借り入れの場合、以前は店舗の窓口に出向いて書類のやり取りなどをしなければなりませんでしたが、近年は、インターネットが普及していますので、ほとんどメール等で書類のやり取りも完結し、直接相対する必要もなくなってきています。

つまりは、家族や友人に知られることもなく、また、お店の人と顔を合わせることもなく、キャッシングを行えるようになっていますので、大変便利な時代になったと感じます。

ところで、銀行や消費者金融からキャッシングすると言っても、無尽蔵にお金を借りることができるわけではなく、審査が行われ、その結果、あなたに貸出しを行えるのは50万円まで、そちらの方は100万円までOKというように、人によって借り入れを行える限度額は違ったものとなります。また、場合によっては審査に落ちてしまい、キャッシングを断られてしまうというケースも十分にありますので、注意が必要です。

それでは、個人がキャッシングしようとした場合、その借入限度額は、どのように決定されるのでしょうか。

業者があなたにお金を貸し付ける場合、もちろんボランティアではなく、商売で貸し付けを行っていますので、利息をつけてキチンとお金を返してくれるということが全ての前提となります。したがって、年収をはるかに上回るような金額の貸し出しを申し出られても、一般的には、受け付けてもらえないでしょう。

そこで、審査においては、貸したお金をきちんと返済する能力があるのかという意味で、あなたの年収や他からの借り入れ金額や件数、勤務先の情報や勤務歴、住宅が持家住宅かそれとも賃貸住宅か、など色々な点について点数化していき、借入限度額と金利が決定されることになります。

また、業者による審査だけでなく、法律の規定により、たとえば消費者金融からキャッシングするときは、年収の3分の1までというように、具体的な制限も設けられています。消費者金融から借り入れを行う場合、年収が300万円の人の場合、借入可能額は最大で100万円ということになりますね。

ただ、この規制は、貸金業者である消費者金融を縛る規制であって、銀行や信用金庫は、法律上、貸金業者に当たりませんので、この制限を受けません。したがって、銀行などからキャッシングしようとする場合、この制限を超えたお金を借りることも、理論上、可能となります。

ただ、銀行は、一般的に、金利が安い反面、消費者金融より審査が厳しくなる傾向があります。したがって、個々の状況によりけりではありますが、この年収の3分の1までという数字は、一定の目安として頭の片隅に置いておかれると良いでしょう。