タグ: アルバイト

キャッシング出来る人は、会社員でなければならないという法律は無く、金融業者の判断によりアルバイトであっても安定した収入があると認められれば貸付を受けられます。しかし、アルバイトの中には日雇いのケースもあるので、少なくともレギュラーアルバイト以上でなければ毎月安定した収入があるとは言えないでしょう。

キャッシングの申込み先金融業者を探す際には、アルバイトでも可能と謳っている業者を探せば、申込み先を確保しやすくなります。柔軟な審査に特徴がある消費者金融ならば、貸金業法に定められた総量規制の範囲内であれば、審査に通過しやすいと考えられています。総量規制では、年収の1/3を超える貸付が禁止されているので、年収を予想出来る程度の勤続期間が必要となります。収入証明書の提出は、50万円を超える借り入れや、他社を含めた借入残高が100万円を超える場合に必要となるので、アルバイト先からの給与明細書や源泉徴収票を準備しておくと良いです。

一方、銀行カードローンでは、銀行法という別の法律が適用されるので、貸金業法による影響は受けません。借入希望額が総量規制の範囲を超えてしまう場合には、銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

お金が無いときの味方でもあるキャッシングやカードローンですが、収入が多い人ならともかく収入が少ない人にとってはお金の不足は切実な問題であると共に審査条件に対してかなりの不安を持っていると思われます。キャッシングなどにおける審査条件に年収が関わってくるのは明らかなのですが、具体的な条件を知っておくと万が一の時に役立つかもしれませんので覚えておくのがいいと思います。

今回の相談者の件について順を追って説明していきたいと思います。

まずはこの相談者の職業がアルバイトということで、このような職業が審査条件にどう関わってくるかという点についてですが、まずキャッシングには大まかに分けて銀行系のものと消費者金融系のものが存在します。この内銀行系などのキャッシングは低金利で借り入れ限度額も大きいものとなりますが、それに従って審査も厳しいものとなるのが常識です。そのために大体の銀行系のお店は正社員などの職業でないとかなり審査に通ることが難しいというのが現状です。従って今回のアルバイトのような職業の人にとっては銀行系ではなく消費者金融系のキャッシングから選ぶことになります。

この消費者金融系はアコムやプロミスやレイクなどが有名でして、このへんの大手だと借り入れ基準事項にアルバイトでもOKという風に書いてあります。その基準は定期的な収入があることが条件なので、あまりに不定期なアルバイトでなければ基準を満たしているので十分に審査に通ることができます。また定期的な収入という面から見たら、勤務年数が長いというのはむしろ審査にプラスに働くので、フルタイムでは無くても月にまとまって収入があれば大丈夫だと言えるでしょう。

さて消費者金融系ならばアルバイトでも十分に審査に通ることがわかりましたが、今回の相談者の条件にはもう一つ気をつけなければならない点があります。それが借り入れ希望額が50万円という件であり、この点が今回で一番審査で厳しいポイントだと思います。まずキャッシングに関しては国が過度な借り入れを防ぐ為に制定された総量規制という法律があるのを知らなければいけません。これは簡単に言うと年収の1/3以上の借り入れを個人にしてはいけない、というのを各消費者金融系に定めているという内容です。このため審査の時に自分の身の丈を超えた借り入れ希望を出すと、その金額では通らないことが起こってきます。

今回の依頼者の希望額が50万円ということなので、単純に計算すると年収150万円で月に12万円ほど稼いでいる場合には審査に通る可能性が出てきます。ただしアルバイトをしている方によく有りがちなことですが、控除の関係で年収100万円以上稼ぐのを意図的に防いでいる可能性もあるので、今回の依頼者のケースは分かりませんが、アルバイトで50万円の借り入れというのは中々に難しいのではないのかと結論ずけられます。

もちろんもうちょっと年収と相談して借り入れ金額を下げるという方法もありますが、やはり総量規制で年収の1/3以上を借り入れするのは難しいという点だけは是非覚えておくのがいいと思います。