タグ: おまとめローン

おまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れを一つにまとめることができるサービスです。複数の金融機関を利用していると、返済期日や返済金額を間違えたりといったトラブルが起こりやすくなります。おまとめローンで借入先を一本化することで、毎月の返済が1度だけになります。借入金額がしっかりと把握できるので、返済計画が立てやすくなります。借入金が100万円を超える場合は、金利が低くなるというメリットもあります。

おまとめローンを利用する場合に注意をしたいのは、借りたお金は、他の金融機関への返済にしか使えないということです。他社へ返済した後の、追加の借り入れも認められません。だからといって、また他社から借りることになっては、元の状態に戻ってしまいます。

おまとめローンを利用する場合には、追加の借り入れをしなくてもよいように、手元に多少の現金を残し、余裕のある状態で申し込みましょう。

私は2社借り入れがあったタイミングで、そのうちの1社から案内をもらい、おまとめローンの契約に切り替えて返済が楽になった経験があります。

おまとめをするといくつかのメリットがあります。まず2社を返済していくよりも月々の返済金額が下がり、また金利も下げることができるので結果的に返済金額を下げることができる点です。

私の場合月々の返済が3万円近くあったところ1.9万円に。

そして金利もそれぞれ18%あったところおまとめにすることで14%に落とすことができました。

もう一つのメリットは意外かもしれませんがその1社からもう1社の契約を打ち切るための資金が振り込まれるというかたちではありますが、疑似体験的に「返済」を味わうことができる点です。

これにより「よし、まとめたこの1社もなる早で返済してやろう!」と思えるのです。

借金返済はメンタルととても深く関わってくるため、メンタル的な上昇はとても重要です。この点において1つにまとめるのはとても良いです。

以上です。

改正貸金業法により総量規制が導入されて以降、信販会社と消費者金融から借入を行なう際には、年収の1/3以内に抑える必要が生じています。しかし、100万円以内の小口融資を複数の消費者金融から受けていると、利息制限法で定められた100万円以下の上限金利18%ギリギリの金利で借りることになり、利息額が増えてしまう状況です。100万円を超える金額にまとめることが出来れば、利息制限法の上限金利が15%となるので、3%程度金利を引き下げることが可能となります。3%といえども、100万円の借入があれば3万円ですから、決して小さな数字ではありません。おまとめローンを利用して、借金の一本化が出来れば、金利引下げ効果が期待出来るわけです。

しかし、貸金業法に基づく総量規制の例外として認められたおまとめローンは、借り換え後に完済するまで他の貸金業者から追加融資を受けられないという貸金業界の自主ルールがあります。おまとめローンの金額は大きいので、長い返済期間内では急な出費のために追加融資が必要となることもあるでしょう。おまとめローンを利用する際には、同時に貯蓄が出来る程度余裕を持った返済計画を立てなければ、いざという時に困る可能性が出て来ることになります。