主婦がキャッシング申込みを行なう方法とは

主婦がキャッシングを行なう際には、従来は消費者金融が利用されていました。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、総量規制の影響を受けて借入れが本人の年収の1/3以内に限定されたことが影響し、借入先の中心が銀行カードローンへ移動しています。なぜなら、銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは異なる法律に則って貸付業務を行っているので、総量規制対象外だからです。主婦とひとくちに言っても、専業主婦と兼業主婦の2通りあるので、少なくとも本人に収入が無い専業主婦は、銀行カードローンを選ばなければなりません。

しかし、パート勤務や正規雇用で働く兼業主婦は、自らの収入を基準として消費者金融からの融資を受けられます。柔軟な審査に定評がある消費者金融を選ぶ場合には、利用限度額は総量規制の範囲内に限られるものの、審査通過という面では金利が高い分だけ銀行カードローンよりも通りやすいと考えられるでしょう。一方、金利面を考えると銀行カードローンを利用した方が、平均3%以上も金利設定が低くなるので、審査に通過さえすれば銀行カードローンが有利です。100万円以内の利用限度額ならば、消費者金融では利息制限法の上限金利ギリギリな18%弱の貸付金利に対して、銀行カードローンは14%台が一般的となっています。

Comments are closed.