総量規制対象外のカードローンを比べて決めよう

改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、貸金業法に基づく金融事業を行なう会社は、貸付総額を年収の1/3以内に制限する総量規制の影響を受けています。総量規制に抵触した融資を続けていると、監督官庁からの摘発を受けて金融業者としての登録更新が出来ずに廃業に追い込まれるので、厳格に遵守するわけです。総量規制の対象となるのは、貸金業法に基いて金融事業を行なう信販会社と消費者金融に限定されるので、適用される法律が異なる銀行や信用金庫ならば、年収による融資額の制限が法的にはありません。

銀行や信用金庫のカードローンは、利用規約を確認すると様々な金利設定が行われています。審査に通過さえすれば、総量規制対象外だからこそ年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。信用履歴がしっかりしていて、収入がそれなりに多ければ、利用限度額設定が高くなります。しかし、銀行カードローンの中には、利用規約に書かれている金利設定に幅がある商品が少なくありません。同じ利用限度額であっても、申込者の信用履歴により金利が年14%となる人がいる一方で、年8%で借入が出来る人も出てきます。利用限度額による金利差ではなく、個人の与信力に応じた金利設定が行われている銀行カードローンがあるので、総量規制対象外のカードローンを細かく比較してから申込先を選ぶ必要があります。

Comments are closed.