おまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れを一つにまとめることができるサービスです。複数の金融機関を利用していると、返済期日や返済金額を間違えたりといったトラブルが起こりやすくなります。おまとめローンで借入先を一本化することで、毎月の返済が1度だけになります。借入金額がしっかりと把握できるので、返済計画が立てやすくなります。借入金が100万円を超える場合は、金利が低くなるというメリットもあります。

おまとめローンを利用する場合に注意をしたいのは、借りたお金は、他の金融機関への返済にしか使えないということです。他社へ返済した後の、追加の借り入れも認められません。だからといって、また他社から借りることになっては、元の状態に戻ってしまいます。

おまとめローンを利用する場合には、追加の借り入れをしなくてもよいように、手元に多少の現金を残し、余裕のある状態で申し込みましょう。

最近、節約ロックという漫画が面白くてよく読んでいます。主人公のタカオは30歳で貯金ゼロのロック野郎で、彼女に呆れられて振られます。それはそうだよなあと思います。でも漫画だからそれで面白いのですけれども。それでタカオはいろいろ節約するようなるという話です。

でも私もそんなに人のことは言えません。やはりまだまだ無駄使いも多いし、もっと節約できるところがある気がします。でもこの節約というのは結構苦手です。そこまで細かく気を使えないタチなので、すぐに忘れてしまいます。タカオのように貯金ゼロというわけではないけれど、先のことも考えて貯蓄しておくことを考えなきゃなと思っています。

その貯蓄の方法として気になっているのが定期預金です。毎月定額のお金が自動的に積み立てられていくというのはいいですよね。節約でコツコツと使う量を減らしていくのもいいけど、もう絶対的に使えなくなってしまえば、それでなんとかするしかないわけですから無駄使いをしなくなりそうです。でも金利はほとんどないらしいです。

そういえば、私の大学時代の友達の知り合いにすごい人がいました。なんとその人は大学生でありながら株で成功して六本木ヒルズに住んでいました。私は株についてはあまり詳しくないのでよくわかりませんが、成功するにはやはりそれなりの努力と覚悟がいりそうです。私はそこまで成功したいとは思いませんし、できるとも思えませんが、安心できるぐらいの貯蓄はするべきだなと思っています。

皆さんは普段、小銭をどう取り扱っていますでしょうか?

たかが小銭と侮るなかれ、小銭をチマチマ貯めていくとこで私は海外旅行(格安ですが)に行くことができました。

方法は簡単。

今からでも実践できます。

まずお財布の中にある小銭とお札を分別します。

そのうち小銭を貯金箱に入れてしまい、財布にはお札だけという状態にします。

夜帰ってきたら、また同様に小銭とお札を分別して、小銭を貯金箱に入れてしまいます。

このように、朝出かけるときは常にお札のみという状況にします。

カードや電子マネーでの支払いはできる限り抑えたほうがベターですね。

そしてたまった小銭は、すくなければ硬貨で入金できるATMへ預け入れます。

たったこれだけ。

私はこれを2年間続けただけで、約15万円を貯めて旅行へ行く資金ができたのです。

私自身、ずぼらな性格でちょっと買いが非常に多かったのですが

この方法を実践し始めてから、無意識のうちにそういったちょっと買いが抑えられたのです。

ヒトの衝動的な物欲というのは、6秒我慢すると半減するといわれています。

また、ヒトは1000円札から100円出すのと、持ち小銭の中から100円出すのとでは

約3倍の抵抗があると言われています。

これを利用し、ちょっとしたおやつを買おうとした衝動に対し、

(ここで使うと、お札を崩すことになる)という意識から、

抵抗⇒我慢 という流れを自動で作り出すのがこの貯金法の仕組みです。

初めてから約3か月もたつと、以前あったちょっと買いの物欲もほぼなくなり、

おやつが減った副次的効果から、約3キロのダイエットも無理なくできてしまっていました。

日常のほんの少しの工夫でできるこの貯金法

オススメです!!

私が行っている貯金は月3000円で行っている投資信託です。積み立てを始めて2年になりますが、生活を圧迫することなく、無理せず貯金を行うことができています。この貯金を始めるきっかけとなったのは一冊の投資信託の書籍でした。その書籍は、月3000円からできる貯金と題してリスクの少ない長期利用の投資信託のメリットが記載されていました。

それまでは、給与振り込み口座を貯金用の口座として利用していましたが、何か上手くこの余剰資金を活用できないかと考えていました。リスクの大きい投資などに挑戦することも考えましたが、資産を失うことの精神的なリスクを考えるとなかなか動けず、自分に合ったリスクの低いバランス型の投資信託の商品を検討しました。

元々コツコツ貯めていくことが好きな性格だったので、月々3000円程度の積み立ては苦になりませんでした。積み立てを始めてからは日々の増減が気になることもありましたが、商品の長いスパンのグラフの推移を見ていると、確実に成長していることが伺えるので気にせず生活しています。

20年後、30年後の成長を期待して気長に待てるので余剰資金を遊ばせている方は試してみるのもいいかもしれません。ただ、短いスパンで結果がほしい人にはおすすめしません。

キャッシングといえばクレジットカードですが、クレジットカードはキャッシングの限度額が低かったりしませんか?急にまとまったお金が必要になった時、「クレジットカードのキャッシングじゃ足りないよ!」そんな時に便利なのが自動契約機です。

自動契約機といえば、アコム・アイフル・プロミス・レイク等様々ありますが「すぐに借りれるの?」「そもそも何だか恐い」そんな疑問やイメージを払拭していきましょう。

自動契約機は初回の申込み・審査・契約・カード発行まで行うことが出来ます。ATMもある為カード発行後すぐに出金することも可能です。

自動契約機は白を基調とした小さな部屋となっており、入室するとロックがかけられますので誤って他人が入ってくることはありません。女性でも安心ですね。手続きはオペレーターとやり取りをする仕組みとなっており、身分証明書も読み取り装置がある為コピーは不要です。

申込み~カード発行までは会社により異なりますが、最短30分です。ただ、一つ気をつけないといけないのは時間です。自動契約機は即日発行を唱っていますが、契約時間によっては借入が翌日以降となってしまいます。大抵9時~21時が契約時間となっていますが、店舗にもよりますので事前に確認してくださいね。

私は高校生の頃からコツコツと貯蓄をしています。お昼代にもらったお金をちまちま貯金したり、お正月に親戚たちからもらえるお金を貯金したりしていました。大学生になるとどっぷりアルバイトにハマってしまいました。私の学生生活はアルバイト先と家と学校の往復で終わってしまったようなものですが、大学四年間のアルバイトでかなりの金額を貯金することができました。

忙しい時には2つ、3つアルバイトを掛け持ちしたり、短期でのアルバイトをしたりと忙しくしていました。大学生のときにアルバイトで儲けるコツはやはり、時給のいいアルバイトを探すことです。私の場合は塾の講師や家庭教師、教育に関して手がけている大手の企業の単発アルバイトを主にやっていました。このアルバイトはお金だけではなく、他にも得るものがたくさんありました。

社会人になってからも実家から通える範囲での通勤だったので、食費や光熱費はかからずに済み、社会人時代にも結構な額を貯金することができました。

専業主婦となった今では定期的な収入がないので、電気代やガス代の節約をしたり、なるべく日用品や食品を安いときに購入したりして節約に励んでいます。

また、ポイントサイトなどに登録し、暇なときにアンケートに答えたりしてポイントをため、収入源にしたり、こちらのクラウドワークスを始めて現金収入を得ようと頑張っています。

気軽に借りられてお金がピンチな時にも使いやすいカードローンですが、借りたら必ず返済していかなければなりません。

消費者金融などのカードローンではリボルビング払いが多く、毎月決まった額を決まった日にちに継続して返済していく事になります。

最低返済額や返済日などはそれぞれの会社で異なるので事前に確認しておく必要があります。

同時にどこからキャッシングするか選ぶ時は、サービス内容や利率だけでなく最低返済額や返済日も注目して選ぶことが大切になります。

またキャッシング会社によっては、繰り上げ返済が可能だったり支払日も月に1度ではなく35日周期で返済するプランなどもあるので、自分にあったものを選んで利用すると安心して返済していく事が可能です。

プロミスは即日融資を受ける事が出来る消費者金融なのですぐにお金が必要な時に利用している人も多いのではないでしょうか。しかし申し込みをする時に押さえれおきたいポイントもいくつかあるので確認しておきましょう。

プロミスに申し込みをすると本人かどうかを確認するために携帯電話に電話がかかってきます。電話に出れば特に問題ありませんが、出ないと虚偽の申し込みだと判断されて審査をしてもらえない可能性があります。その影響で即日融資を受けられなくなるのでまず本人確認の電話はしっかり出るようにしましょう。

またプロミスに申し込みをすると本人確認書類の提出を求められます。運転免許証など適用される本人確認書類を準備しておく事も忘れないようにしましょう。

私は今現在消費者金融のカードを持っているのですが、実はアルバイトのままで正社員ではありません。ではなぜアルバイトなのにキャッシングの審査に通ったのかといいますと、社会保険もありますし何より長く勤めているのが良いのだと思います。

ずっとアルバイトで働いているのには理由があるのですが、正直長くアルバイトをするというのはマイナスになるものだとばかり思っていました。しかし、同じところにしっかり勤め続けているというのは実はポジティブに見てもらえることが多いんですね。

転職を繰り返している正社員よりも、アルバイトでも社会保険に入っていて同じところに長く勤めている人がよく見えることだってありますよね。そのため、アルバイトだから駄目だと思いこむのではなく、チャレンジしてみて良いと思います。

アイフルでは通常のカードローンに加えて借り換え専用ローンである「かりかえMAX」というサービスの取り扱いがあります。かりかえMAXの概要や特徴を確認していきましょう。

まず貸付条件ですが、2018年12月23日時点で実質年率が3.0%から17.5%、融資限度額は最高で800万円までとされています。かりかえMAXは貸金業法に基づく借り換え専用ローンであるため、総量規制対象外となっているので借り換え額が年収の3分の1を超えていても利用が可能というメリットがあります。

なおかりかえMAXは他の消費者金融からの借り換えに利用できるだけでなく、銀行のカードローンやクレジットカードのリボ払いなどに借り換えにも利用ができます。

キャッシングはサービスによっては申し込んで即日でお金を借りられることもあります。しかし利用したい人の中には、田舎に住んでいて店舗も無人契約機も近くにないという人がいます。そのような状況では利用できないと思われるかもしれませんが、インターネットを利用することで即日キャッシングを利用することが可能です。

インターネットを介したら申し込みや書類の書き込みはもちろん、身分証明書などの必要なものもメールに添付してすぐに担当者に贈ることが可能です。

また現金の受け取りについては田舎でも比較的店舗のあるコンビニや郵便局のATMから可能であり、田舎に住んでいるからといってすぐにお金を借りる手段がないわけではないのです。

お金は天からのまわりものだとよく言われますが、待っていても自然と増えないような場合は、生活に問題があるようなこともあります。そしてそれは生活改善で良くなることもあれば、改善をしてもお金が増えない場合もあります。

ですからそうした時はキャッシングサービスを利用してみると良いです。出来れば自分の力で増やしたいと思うものですが、中年の域の人であれば体力が勝負であることがほとんどです。

ですから安心安全な生活を求めるのであればキャッシングでの生活にかけてみましょう。キャッシングは年収が低い人やアルバイトだと審査も厳しいですが、今までキャッシングを経験していない人も初心者だからといって門前払いされることはありません。

即日融資を受けたいのであれば、自動契約機からの利用を考えておくと良いでしょう。ただ、自動契約機で申込みから契約までを行う場合に注意をしておかなければいけないのが、ブース内での挙動です。

キャッシングの自動契約機にはカメラが設置されており、スタッフが中の様子を確認しています。審査では、年収などの条件の確認は勿論、ブース内での過ごし方に問題がないかもチェックされています。

常に落ち着きのない様子で審査結果を待っている、明らかに挙動不審な動きをしているという場合などは、その態度が原因で審査落ちしてしまう可能性もあります。そのため、自動契約機を使ってキャッシングの申し込みをする時は、ブース内での態度まで気をつけておく方が良いでしょう。

プロミスやアコムに代表される大手消費者金融などのカードローンには、無利息期間が設けられているものがあります。まだカードローンを利用した事がない人は無利息期間にピンとこない人も多いかと思います。

無利息期間は文字通り利息なしでお金が借りられる期間です。通常なら例えば1万円借りたら返済額は1万円+利息になりますが、無利息期間内なら借りた金額をそのまま返せば良いのでとても借りやすいです。

もし無利息期間内に完済できなくても、その時点での借入残高から利息を計算してもらえるためお得にキャッシングができるようになっています。ただし各社の無利息キャンペーンはその金融会社を初めて利用する人を対象にしているので注意は必要です。

銀行カードローンは大手消費者金融のカードローンに比べ金利が低く、利用限度内であれば自由に利用ができるという点でメリットが高いと考えていませんか?しかし、銀行ローンは安易にカードローンを利用するのではなく、目的に合わせて目的ローンを利用する方が利息が抑えられ、総返済額も少なくて済みます。

銀行ローンは、カードローンよりも目的ローンの方が金利はさらに低くなっています。カードローンは自由に借り入れと返済ができるという強みはあるものの、銀行にとって貸付リスクの高いものとなっており、同じ金額を借りるのであっても目的ローンよりは不利になります。

また、あくまで目的が明確かどうかというだけの違いで金利に大きな差があるため、銀行ローンは将来的にも借りる可能性があるといって判断するのではなく、個々の目的に合わせる方がベストになります。さらに目的ローンでも各種金融商品の契約による金利優遇も受けられる銀行もあるため、先ずは総返済額の抑えられるローンを選択するのがおすすめです。

即日融資が可能と話題のレイクALSAですが、「本当にすぐ借りられるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな疑問を解消するために、私が借り入れまでにどのくらいの日数がかかったかというのを実体験で紹介します。

まず、結論から言いますと自分は即日融資はしてもらえませんでした。仮審査はすぐに終わりましたが、本審査から契約までに時間がかかってしまったのです。

原因としては、オペレーターからの電話をすぐに気づけず、記入事項の確認や在籍確認に即対応できなかったことがあげられるでしょう。

実際に融資までにかかった日数は申し込んだ日を含めて3日間ほどです。短いと言えば短いですが、即日とは言えませんね。

しかし、私の場合はオペレーターの連絡にすぐ対応できなかったという原因があります。オペレーターとの電話にすぐ対応出来るようにしておくことで、即日融資も可能になるのではないでしょうか。

また、即日融資に対応してもらうには、21時(日曜日は18時まで)までに契約が終了している必要があるので、それに気を付けておくのもポイントです。即日融資が必要ならば、申し込みはなるべく早くしておくといいでしょう。

在籍確認なども柔軟に対応してくれるので、レイクALSAで借りること自体はおすすめですよ。

カードローンはどのようなことをメインに考えて業者を選ぶべきであるのかと言いますと単純に言えば金利であると言えるわけです。当然、金利こそが選ぶべき時の基準になります。

そしてカードローンというのは実は多くのところが細かい条件はあるにしても無利息で貸してくれることがあったりします。確実というわけではないのですが、そうした業者をまずは選ぶべきである、ということは言うまでもないことでしょう。

カードローンに関してはまずは金利を見るというのが当たり前ではあるのですが銀行系であるのか消費者金融系であるのかということが重要になったりもします。それは総量規制が引っかかるのかどうか、ということにダイレクトに影響してくるからです。

キャッシングをする際は限度額が必ず決まっていてそれ以上借りることはできません。キャッシングの限度額は総量規制があり年収の3分の1以上貸してはいけないという決まりがあるので、どんなに高収入な人も限度額はそれ以下になります。

しかし、中には年収の3分の1以上のローンを組んでいる人もいます。この場合は総量規制の対象外のローンである場合が多いです。基本的に消費者金融のカードローンなどの多くは総量規制が適用されてますが、銀行ローンなどでは総量規制の対象外となっている場合も多いです。

また、複数の金融機関からの借入れがある人が1箇所の金融機関にまとめて返済していくためのおまとめローンでも、年収の3分の1を上回る額を1つの金融機関から借りることができます。

キャッシングでお金を借りたら返済しなければならないということになるのですか返済方式としては二つのものがあるということを理解しておきましょう。一つは約定返済というものであり、毎月、業者が決めた金額を必ず返済する、ということになります。もう一つが随時返済というものであり、これは自分で決めた金額をダイレクトに元本を減らすという意味で返済することができるようになっています。

随時返済を多くやって行くことによって、利息を抑えることができるようになりますから、まずは約定返済をしなければならないのですね可能な限り、随時返済をやっていきましょう。随時返済こそが、とても大事な事であり、借り入れコストを下げる事になるのです。

今の世の中、手軽にカード1枚でお金が借りれます。しかし、2010年に貸金業改正により借りられる上限金額が個々の年収によって決められています。

そしてキャッシングする上で重要なのは金利だと思います。もちろん借りる金額によって金利幅があるのですが、これが曲者です。今はネットで比較できるサイトがあるので

参考にすればよいと思います。

私のオススメは銀行系のローンカードです。理由はお付き合いが長ければ金利も交渉次第で下げてもらえるし、普通預金、定期預金など取引をしていればいいお客様として応じてくれると思います。特にネット銀行系は金利を安くしてくれると思います。1年ごとの更新で金利を見直したりはしていますが滞納しない限り経験上増えたりはしません。

急な費用が必要になったときはネット銀行系のカードローンをオススメします。

<< previous posts || next posts >>