妻が美容師で、薄毛から生還した話

タイトルにあるように、私の妻は美容師です。身近にいた髪の毛の専門家のおかげで、私は薄毛から生還したので、そのお話しをささせていただきます。

サラリーマン時代、朝から夜まで自宅と会社の往復で、生活は不規則、自分自身のケアがあまりできない日々を送っていました。艶黒美人は安全?

そんな生活の中、あるとき妻に言われたのが「おまえ、髪ヤバいよ」のひと言。うすうす気付いてはいましたが、あらためて鏡で自分の頭を見ると、髪の間から自分の頭皮が目視できる状態に・・・。

抜け毛の原因は、ストレスをはじめいろいろ言われています。育毛剤や男性向けのシャンプーなど数多く発売され、どうしたら良いのかと迷っていたとき、私が妻に言われたことは、洗い方を変えることでした。

①シャンプーを2回する。

今までシャンプーは1回しかしていなかったのですが、2回やれとのこと。1回目で整髪料や頭皮にたまった脂を軽く流すことで、2回目の時に泡立ちが良くなります。泡が頭皮まで届くので頭皮を清潔に保つことができるのです。

②マッサージをするように洗う。

ただ泡立ちが良くなってシャカシャカやっているのはイミがないそうで、泡立ちが良くなった時点で髪の毛や頭皮は充分きれいになっています。それよりも泡だったらしっかり指の腹で頭皮が動くように洗えとのこと。これで頭皮がほぐされ血行も良くなり、髪が生えやすくなるそうです。硬い畑に野菜が育ちにくいのといっしょですね。

③良く流す。

シャンプーなどが頭皮に残らないように、しっかり流すのが大事。残ったシャンプー=汚れです。頭皮を清潔に保つことが大切です。

以上3点だけが私が実践したことです。お風呂に入ったときに上記のことを意識して頭を洗いました。

そして数ヶ月後には、鏡越しの頭皮がだいぶ見えなくなり、私の頭皮は薄毛から見事に生還することができました。

大事なことは、頭皮を清潔に保つことです。シャンプーなどは市販の物で充分で、丁寧にケアしてあげることが大切だと教わりました。

数十年前の話ですが、今でも妻に「私が救ってやった」と言われ、頭が上がりません。

Comments are closed.