大東銀行カードローン 「プレミアムDプラス」

大東銀行にはカードローンとして「プレミアムD」という商品がありますが、実はもう一つ

大東銀行カードローン「プレミアムDプラス」というものがあります。 これはどこが違っているのでしょうか?

基本的な部分で違うのは借入限度額が500万円までと若干少なくなっていることです。

ただし、その分金利は低くなっていて4.5~14.0%と適用金利が若干低くなっています。

大東銀行の口座を持っていれば、「プレミアムD」では利王ができない自動引き落としが利用できるようになりますので、

管理のしやすさは出てきますが、口座を持っていないと利用ができないのが難点にもなってきます。

もちろん、営業エリアでないと利用が厳しいという点もあり、契約のためには来店も必須ですので

契約をするのにもなかなか手間がかかることも難しいというわけです。

契約期間も通常の者よりも時間がかかる点も難点です。

後は、おまとめにも利用が可能という点で利便性はちょっとしやすい部分もあります。

後、変わっているのは保証会社が2つあり、パートやアルバイトの人はSMBCコンシューマーファイナンス(株)のこともありますが、

年収300万円以上の正社員で福島在住の人などは(株)大東クレジットサービスに保証会社が変わったりし、

借り入れの際の年齢制限などが変わるので注意が必要です。

Comments are closed.