カテゴリー: 返済

キャッシングの利息は高いと思われがちですが、返済の仕方によっては少ない利息でお金を借りることができます。キャッシングの利息は、利率に返済日数をかけて算出されます。しかし利率が高いために、返済日数が多くなると利息の額も必然的に多くなってしまいます。対照的に少ない日数で全額返済してしまえば、利息は少なくて済みます。

たとえばキャッシングしたその日に全額返済してしまえば、「返済日数(ゼロ)×利率」となるために、利息は発生しません。このように利息を少なくするためには計画的な返済がカギとなるわけです。いつ入るかわからない収入をあてにしてキャッシングするのであれば、返済日が定かではないために利息が高くなる可能性がありますので、このような状況は避けるべきです。

キャッシングとはクレジットカードについてるキャッシング機能を使用してATMやCD(キャッシュディスペンサー)でお金を借りることを言います。キャッシュは数万円から数十万単位と借入限度額が少ないことが多いです。手元に現金がない時簡単に借りることのできる便利な反面、キャッシングするということはそのカード会社に借金をするということを忘れてはいけません。

当然借りたお金は返していかなければいけないのでキャッシングの返済について説明します。まず返済方法は毎月の口座引き落としの他にコンビニや銀行ATMにて返済することが出来ます。

ATMにて返済することが出来ないカード会社もあるためカード会社ごとに確認が必要になります。そしてキャッシュの返済は一括払いとリボ払いがあるのですが必ず金利手数料を負担しなくてはいけません。

金利は最大18%と設定されているところが多いです。無計画にキャッシングを利用すればどんどん返済額が膨らんでいくことを踏まえてなるべくキャッシングを利用しない、利用するときは返済のことも考え借りる金額を少なめにするなど計画に利用することをおすすめします。

気軽に借りられてお金がピンチな時にも使いやすいカードローンですが、借りたら必ず返済していかなければなりません。

消費者金融などのカードローンではリボルビング払いが多く、毎月決まった額を決まった日にちに継続して返済していく事になります。

最低返済額や返済日などはそれぞれの会社で異なるので事前に確認しておく必要があります。

同時にどこからキャッシングするか選ぶ時は、サービス内容や利率だけでなく最低返済額や返済日も注目して選ぶことが大切になります。

またキャッシング会社によっては、繰り上げ返済が可能だったり支払日も月に1度ではなく35日周期で返済するプランなどもあるので、自分にあったものを選んで利用すると安心して返済していく事が可能です。

キャッシングを提供している消費者金融や銀行では、それぞれ異なる返済日に定められています。一つの借入をしている方は余程のことが無い限り、返済日を間違えてしまうということはありません。

しかし他社借入をしている方は、状況によって返済日が混同してしまう恐れがあるので十分に注意しなくてはいけません。そのような状況が発生しないように予めキャッシングごとの返済日をまとめることが大切になってきます。もしも返済日を過ぎてしまった場合は、残念ながら遅延損害金が発生してしまいます。

通常の利息よりも高い利息を支払わなくてはいけなくなるので大きな損です。そのような状況をできる限り回避するためにも返済日をきちんと把握することが必要です。

同じキャッシングサービスを提供している消費者金融は中小も含めるとかなり多く存在しています。人によって給料日が異なっているので、給料日後に返済日になっている消費者金融を選択すれば、無理なくお金を返せます。逆に給料日前が返済日になっているキャッシングを選択してしまうと無理にでもお金を準備しなくてはいけないので、状況によっては遅延や滞納という状況を生み出してしまいます。

そうなると遅延損害金と呼ばれる利息を支払わなくてはいけないので、完済するまでに多くのお金が必要になります。そのような状況をできる限り回避するため、キャッシングを希望している方は返済日を比較していき、自分が返済しやすい消費者金融を選ぶ事が大切です。

キャッシングというのは返済がとても計画的であるべきであり、その為にはいくら借りておりまた利息がどのくらい発生しているのかということを考える必要があります。それを把握して返済計画を立てることが重要になります。

またキャッシング業者を選ぶ時には、返済をしたりあるいは借入をすることに関しての手段がどの程度あるのかということから考えるのも良いでしょう。つまりは、ネットなどが使えるのか、ということです。

これも立派に返済に関する部分の要素になるからです。大事になってくることはキチンと返済ができるのか、ということであり、その手段がいくつもあり、いつでも可能であるのか、ということになるでしょう。これが大きな要素になります。

私は2社借り入れがあったタイミングで、そのうちの1社から案内をもらい、おまとめローンの契約に切り替えて返済が楽になった経験があります。

おまとめをするといくつかのメリットがあります。まず2社を返済していくよりも月々の返済金額が下がり、また金利も下げることができるので結果的に返済金額を下げることができる点です。

私の場合月々の返済が3万円近くあったところ1.9万円に。

そして金利もそれぞれ18%あったところおまとめにすることで14%に落とすことができました。

もう一つのメリットは意外かもしれませんがその1社からもう1社の契約を打ち切るための資金が振り込まれるというかたちではありますが、疑似体験的に「返済」を味わうことができる点です。

これにより「よし、まとめたこの1社もなる早で返済してやろう!」と思えるのです。

借金返済はメンタルととても深く関わってくるため、メンタル的な上昇はとても重要です。この点において1つにまとめるのはとても良いです。

以上です。

キャッシングにおいてなるべく利息を少なくする方法は、金利が低い金融機関を利用することと返済期間を短くすることが有効です。その中で返済期間を短くする方法は月々の返済額を多くすることと繰上げ返済を利用する方法が主にあります。

月々の返済額を多くすれば返済期間を短くすることができますが、あまり多くの返済額にしてしまうと延滞などの可能性もあるので、月々の返済額はあまり無理のない額にしておいて、返済に余裕があるときに繰上げ返済を利用する方法が合理的と言えるでしょう。

繰上げ返済が利息を少なくすることに効果があるのは、キャッシングの利息の計算方法からわかります。通常の返済は借り入れ元本から計算された利息額を先に充当し、返済額から利息額を引いた残りが借り入れ元本の返済になります。

そのために借り入れ元本が減少しにくいシステムになっています。借り入れ元本が減らなければ、借り入れ元本をベースに計算される利息が大きく減っていくことがないというループになってしまいます。ところが繰上げ返済を利用すれば、返済額のすべてを借り入れ元本に充当する事ができるために借り入れ元本が大幅に減ることになります。翌月以降も大幅に減った借り入れ元本から利息が計算されるので好循環のループになるのです。