カテゴリー: 白髪

今年ついに30歳をむかえました。20代前半の頃には気にならなかった、背中の肉や、おしり周りの肉、若干垂れ下った気のする頬、こんなにあったっけと思うようなシミ・シワなどなど・・・。

艶黒美人は効果なし?購入して3ヶ月使った私の口コミ評価を暴露します!

前は少し食事を抜いただけで即痩せたのに、痩せづらくなってきてたり、きちんとケアをしないと肌がすぐがさがさになったりと・・・。ずぼらは私は、これまで以上にきちんとケアをしないとと焦っているのですが、最近さらに悩みが増えました。

それは、白髪が目立つようになってきたことです。20代後半から何本かは生えているのを自覚してたのですが、最近は1日1本は見つけてしまっています。髪を染めるときも、美容師さんに、白髪染め用のカラーで染めてもらうようにオーダーするようにもなってきました。

まだ30歳なのに・・・とショックだったのですが、先日友人に会った際、白髪の原因は年齢や体質、ストレスだけでなく、不規則な食生活や過度なダイエットにも原因があるということを聞かされました。食生活やダイエットと聞いて、思い当たる節がたくさんありました。

私は大学時代から10年ほど一人暮らしで、自由きままな食生活で不規則なバランスの食事を長期間続けていたことと、体重の増減が10年間で最大20キロくらいの幅があったりと、過度なダイエットをした経験もあり、そのことが今の白髪が多く生えている原因にも繋がっているかもしれないということを改めて感じました。

ずっと白髪を染め続けるしかないのは覚悟しているのですが、維持するとなるとお金もかかるので、少しでも今の生活を改善させて、白髪が増える速度を落とせたらと、奮闘する日々を送っています。

若い頃は、白髪なんかは一本もなかったのに最近になってからこめかみの辺りから大分白髪が多くなってきまして本当にこまります。私の場合、30代後半までは全然白髪がなかったのに40代にはいったとたんに白髪が少しづつパラパラと。はじめのうちは自分で少しづつ抜いて対応していたのですが、そのうち抜いても抜いても全然おいつかないような状態になってきました。

艶黒美人を辛口評価!

なにが困るかというと髪の毛をめくると白髪がすだれの

ようにまばらにでてきてしまい周りから見た時にみすぼらしい姿に見えてしまうということです。現在私は45歳になりますが一度白髪染めをしてしまうとぞれが癖になってしまいずっと白髪染めを行っていかないといけないということも仕方ないことですが抵抗があります。あと白髪が生えてくるとその周辺が痒くなるのは私だけでしょうか?私の場合、白髪が生えてくる頭皮の周りが痒くなるような感じがしてついつい頭の頭皮をかいてしまい頭皮を傷つけてしまい瘡蓋になってしまうことも。今は出来る限り見えている白髪は鏡の前で抜く作業に追われている毎日です。白髪染めを一度はじめてしまえば毎回白髪染めを行う作業をずっと繰り返していかなければならないので出来る限り染めるのをひっぱっています。

白髪は老化現象の一つですが白髪が増えていくのを見るたびにため息とやるせない気持ちでいっぱいになってきます。一度髪の毛から抜けてしまったメラニン色素は元に戻らないといいますが、元に戻って欲しいですよね。

また私の場合、髪の毛が白髪以外は黒々としているので

逆に少し茶色け気味にしてあげると白髪が目立たなくなるかなとか考えたりもします。どちらにしろ染め粉を使って白髪を染める日もそう遠くはないように思います。参ったもんです。

白髪になって髪を染めることは、かなり普及するようになったので、私も白髪染めを検討し始めました。

そこで美容院で行うという選択肢も試してみたのですが、費用が高額というだけではなくて、腰痛が美容院での白髪染めで問題になりました。

女性が美容院で過ごす時間は、男性よりもかなり長い傾向があって、2時間や3時間かかることは珍しくありません。艶黒美人は効果なし?

私の場合は普通のカットに加えて、2回に1回はパーマも行うため、そのときは3時間くらい必要です。

それに白髪染めまで行うと、4時間くらい必要ですから、腰への負担が大きくて私には耐えられなかったのです。

そこで私は家庭用の白髪染め液を購入して、入浴時に使用してみました。

初回は経験不足から見事に失敗しまして、頭皮に白髪染め液が付着したままになっていました。

しかしそのことが判明したのは翌日の夜のことで、子供が私の頭を見て指摘してくれるまで、全く気付いていなかったのです。

子供が見つけてくれた日の日中は、買い物に出かけて近所の人に何人かに出会いましたが、指摘されることはありませんでした。

気付いた人もいたでしょうが、気を遣って指摘されなかったのかと思うと、恥ずかしいと同時に今後どうしようかと悩みました。

そんな姿を見た子供が、驚いたことに私の白髪染めを今度から手伝ってくれると言ってくれたのです。

現在では白髪染めに慣れて1人でも上手くなりましたが、子供の手伝いがなかったら、そこまで上達しなかったと思います。