カテゴリー: 審査について

キャッシングをする際は限度額が必ず決まっていてそれ以上借りることはできません。キャッシングの限度額は総量規制があり年収の3分の1以上貸してはいけないという決まりがあるので、どんなに高収入な人も限度額はそれ以下になります。

しかし、中には年収の3分の1以上のローンを組んでいる人もいます。この場合は総量規制の対象外のローンである場合が多いです。基本的に消費者金融のカードローンなどの多くは総量規制が適用されてますが、銀行ローンなどでは総量規制の対象外となっている場合も多いです。

また、複数の金融機関からの借入れがある人が1箇所の金融機関にまとめて返済していくためのおまとめローンでも、年収の3分の1を上回る額を1つの金融機関から借りることができます。

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、基本的に勤務先への在籍確認が行われます。これは、契約者に安定した収入があるかどうかを確認するためであり、電話での確認が効率的なものとなるためです。

しかし、在籍確認の電話で審査落ちになってしまう可能性はゼロにはできません。特に契約者自身に問題がなかったとしても、勤務先の対応により審査落ちになるリスクが残ります。

近年では、多くの企業が社員の個人情報保護を優先しており、怪しい電話番号や電話内容に対する応対は厳しいものとなっています。

企業によっては、一切の対応に応じないこともあります。また、電話番号が非通知となる銀行や消費者金融もあり、非通知という時点で怪しまれてしまうことがあります。

そのため、勤務先の外部からの電話応対については、どのような対応が行われているのか確認しておく必要があります。また、最近では怪しん電話番号と判断した場合、インターネットから電話番号の照会ができてしまうため、職場でバレるリスクも生じてしまいます。

消費者金融のキャッシングに申し込みたいけれども、忙しくてなかなか店舗に足を運べないという方におすすめなのが自動契約機でのキャッシングの申し込みです。自動契約機でのキャッシングの申し込みをするメリットは、店舗よりもかなり長く営業を行っているからです。

また、消費者金融の自動契約機は駅前などの私たちの身近な場所に設置されているので、近場に消費者金融の店舗がないという場合でも車や電車ではるばる店舗まで足を運ばずにキャッシングの申し込みができます。

時間の都合などでこれまでキャッシングの申し込みができなかったという方は、店舗ではなく最寄りの自動契約機でキャッシングの申し込みの手続きをしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングの利用をしたいと考えて、新規で申し込んだ場合、審査に通ればそれだけで満足しますよね。

でも、意外に融資額が少ないんだな、と多くの人は思うものです。

それは、どんな人でも新規のお客様は信用がないから少額しか借り入れが出来ないためです。

それを、しばらくしてから増額したいと考えて増額申し込みするならば、まずはある程度の期間を経てきちんと借り入れしたら返済をしているという実績を積まないとなりません。

増額申し込みには、自分から申し込みする場合と、実績があるから増額したらどうですかとあちらから案内が来る場合があります。

もちろん、案内が来てからの方が増額申し込み審査は通りやすいので、まずは信用を勝ち取るのがおススメですね。

消費者金融の審査は厳しいのではないか、自分は通るか心配という方はホームページの簡易審査を利用すれば融資可能かがわかります。簡易審査は本審査ではありませんが、いくつかの項目を入力するだけの簡単な方法ですので申し込む前に融資可能か知りたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

消費者金融はサラリーマンでないと融資してもらえないような印象がありますが、サラリーマンでなくても融資してもらうこともできますのでまずは簡易審査をおすすめします。

即日融資をしてもらえる金融機関は最近増えていますがとても便利ですし金利がかからないところを利用すると更にお得です。いくつかの業者を比べて最も金利の低いところを利用しましょう。

消費者金融は限度額の範囲であれば何度でもお金を借りる事が出来ますが、実際に限度額はどのぐらいで設定されているのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の限度額はどのぐらいで設定されているのかを見ていく事にしましょう。

消費者金融で限度額が高く設定されているのはアコムとSMBCモビットで最大800万円までとなっています。多額の借り入れをする時はアコムとSMBCモビットを利用するのが適しています。消費者金融の中でも人気が高いプロミスは限度額が最大500万円までとなっています。

アコムとSMBCモビットと比較すると限度額が抑えられているので少額の借り入れをする時に利用するのが適していると言えます。しかし消費者金融は総量規制の対象になっているので年収によって限度額の設定も異なるので注意しましょう。

キャッシング審査において、個人信用情報の照会が必ず行われます。銀行の場合、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3機関の照会となり、大手消費者金融でもCICおよびJICCの2機関に照会を行います。

審査落ちしてしまう情報としては金融事故であり、自己破産や個人再生といった債務整理情報や債権回収、保証履行、強制解約、債権譲渡という取引履歴があるとほぼ審査は通過出来ません。

では、返済遅延はどうかと言うとCICとJICCでは情報の保管期間が異なり、CICの場合は『契約期間中および契約終了後5年以内』、JICCは『当該事実の発生日から1年を超えない期間』となっています。

このことは審査にどう影響するかと言うと、JICCの情報が消えてもCICの情報を照会されてしまうと審査落ちしてしまいます。そのため、両方の個人信用情報機関の登録会員である保証会社や消費者金融については、事故情報が残る限る審査申し込みをしないのが得策となります。もし、キャッシング契約が必要な場合は、中小消費者金融かつJICCのみの情報を直接照会する会社を選択することが重要になります。

キャッシングをする時は金欠の状態になっているので業者を選ぶ時は融資スピードを重視する人が目立っていました。しかし最近では申し込みにあまり手間をかけたくないと考えている人が増えてきていて利便性も重視するようになってきました。現在は融資スピードど利便性を兼ね揃えたキャッシング業者が人気となっています。そこで融資スピードど利便性を兼ね揃えたキャッシング業者をご紹介していきましょう。

・申込方法はむじんくんだけじゃないアコム

アコムは無人契約機のむじんくんが有名ですが、現在はホームページからWeb完結で申し込みが出来るようになっています。すべての手続きが出来るので来店不要でキャッシングが出来る利便性の高い消費者金融です。審査も即日回答なのでもちろん即日融資を受ける事が出来ます。

・最短10秒で振込完了の瞬フリのサービスがあるプロミス

プロミスもアコムと同様にホームページからWeb完結で申し込みが出来て来店不要でキャッシングが出来る消費者金融です。プロミスは借り入れの時に振込キャッシングを利用する事が出来て融資を申し込んでから最短10秒で指定の口座に振り込んでもらえます。このサービスを瞬フリと呼んでいて金欠の状態になっている利用者が便利に利用しています。

大きな買い物をした直後に、突発的な出費などが重なるという事も人によってはあります。そのような時に自力で工面することが難しいこともあります。その際には、キャッシングを利用するという事も一つの方法です。しかし、キャッシングをするのであれば、必ず比較をすることが重要です。

特に、初めての方であれば比較をすることによって金利などが高く付いてしまうという事を防ぐことは重要です。また、借り入れをする際は様々なサービスがありますので、事前にチェックしておくことも重要です。特に、すぐにお金を借りたいという方は、多いです。最近では、その日のうちに審査が完了する金融機関もあります。そして、希望をすればその日のうちに借り入れが出来る為、複数の金融機関を比較することは重要です。

また、短期間でお金を返せるという方であれば、一定期間無利息のキャッシングもあります。期間を過ぎなければ、利息なく返済が出来る為、状況によっては利用を検討することも必要です。

ローンには住宅ローンやマイカーローン、リフォームローン、教育ローンなどいろいろな種類があります。これらのローンは借りたお金の使いみちは予め決められています。住宅ローンは住宅の購入費、マイカーローンはマイカーの購入費、リフォームローンはリフォーム資金、教育ローンは子供の教育費と言った具合です。なぜ予め使いみちが決められているのかその理由は違う目的でお金を借りられると後で返済に困りかねないからです。

しかしカードローン・キャッシングでは使いみちは原則自由です。生活費でも良いですし、お買い物でも趣味でも海外旅行でも良いですし、治療費でも入院費、引っ越し費用でも良いのです。その代りに事業性資金は除くと記載されていることが多いです。事業性資金については個人事業主の方用のカードローンがありますのでそちらにお申込みされると良いです。

カードローン・キャッシングにお申込みされると使いみちを聞かれることがあります。使いみちは自由なので好きなことを答えて構わないです。しかし答えた使いみちによっては審査に悪影響が出る可能性があります。それはあまりこのような使いみちを答える人は居ないでしょうが、ギャンブルや浪費などの使いみちです。

お金を借りてまでギャンブルや浪費に使う人は後々返済に困る可能性が高いと判断されてしまいます。カードローン・キャッシングでは担保も保証人も不要でお金を貸しているので、返済を滞納されると回収が難しくなってしまいます。そういった理由から後々返済に困りそうな使いみちだと審査の際に嫌われる可能性があります。

使いみちを聞かれたときは基本的に正直に答えるものではありますが、審査に落ちてしまうと後で何かと面倒なので無難な使いみちを答えたほうが良いです。銀行のカードローンでは保証会社が審査を行っています。もし無計画な使いみちで借入を繰り返し、返済を滞納してしまうと銀行から保証会社へと債権者が移ることがあります。銀行の代わりに保証会社から一括請求が来てしまいます。

1か月滞納しただけでいきなり一括請求されることはありませんが、3か月以上滞納されると実施されることがあります。遅延損害金といったペナルティーも課せられます。借金の理由がギャンブルや浪費だと自己破産が認められないことがあります。それはギャンブルや浪費は免責不許可事由に該当するからです。

裁判官によっては裁量で自己破産を認めてもらえることがありますが、あくまでも裁量なので必ず自己破産できるわけではないです。後で後悔しないよう無理のない計画が大切です。まずは使いみちを決めてそれ以上のお金は借りないようにすると良いでしょう。

なるべく借りるお金を増やさないほうが利息のお支払も減らせますし、毎月の返済額も楽になります。カードローン・キャッシングでは最初にお申込みする段階でご利用限度額を希望できることが多いです。ご利用限度額も使いみちに合わせて希望されておくと審査に受かりやすいです。信用力以上のご利用限度額を希望されると審査が厳しくなりますので注意してください。