カテゴリー: キャッシング

安心して利用出来る消費者金融とは、正規の貸金業登録を行い、違法な取り立てを行わない会社だけではありません。これらの条件は重要ですが、取引中に営業停止や廃業、倒産のリスクが無いことも条件です。

返済中の廃業した場合、債権が他の消費者金融に移管されてしまい、返済に手間が掛かるどころか、移管された連絡がなく、返済が滞ってしまうリスクがあります。そのため、中小消費者金融を選択する際は、資本力と営業年数が重要です。現在、貸金業法により貸金営業を行うためには純資産が5000万円以上となっています。

これだけ見ると資産があるように思えますが、利息による利益は大きいものではなく、継続して営業できるという判断にはなりません。そのため、営業年数に注目し、資本が少ないのに営業年数が長いかどうかがリスクに備えた選択となります。

資本が少なくても、資本金以外として利益が保管され、淘汰状況にある貸金業界を生き抜いていることになります。そのため、営業年数が1年未満の会社は可能な限り避けるのがポイントです。

お金をすぐに借りたいというときには最短でその日のうちに融資が受けられるキャッシングがとても重宝しますが、自分の借りたいと思っている金額が大きい場合には必ずしもキャッシングだけでその金額を借りられると決まっていません。なぜならば、キャッシングは総量規制の対象となっているからです。

総量規制では消費者の借り過ぎ、貸金業者の貸し過ぎを防止することを目的として施行されており、この規制があることで自分の返済能力を大幅に超えるような借金を消費者ができないようにしています。そのため、総量規制では最大で年収の三分の一までという金額が消費者がキャッシング等を利用して借りられる金額となっています。

もちろん、総量規制以外にも貸金業者独自に限度額は設定されてはいますが、その金額は総量規制によるものよりも低いのが一般的です。つまり、消費者が借りたいと思っている金額が自分の年収の三分の一を超えるような金額であったり、貸金業者が独自に設定をしている金額以上の場合にはキャッシングだけでは希望している金額に届かない可能性もあるのです。

そのようなときにはキャッシングよりも限度額の高い銀行カードローンに申し込んでみるようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの利用者が増えてきている傾向がありますが、どのような特徴があるのか分からない人も少なくないでしょう。そこでみずほ銀行カードローンの特徴をいくつか挙げていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンは上限金利が14%に設定されています。他の銀行カードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いので低金利という点が最大の特徴になります。また限度額が最大1000万円までになっているので多額の借り入れをする事も出来る点もみずほ銀行カードローンの特徴になります。

みずほ銀行カードローンは金利を重視して負担を軽減しながらキャッシングをしたい人や多額の借り入れをしたい人に向いているカードローンと言えるでしょう。

学生でもキャッシングは行えますが、20歳以上になっていることが条件です。つまり、成人でないとキャッシングは利用できません。これは借入先を問わず、どこを利用しようとして一緒です。

クレジットカードは18歳以上でも作ることができますが、その場合もキャッシング枠は20歳になるまで付きません。これらの直接現金を借りる行為は自分自身でその契約に責任を持てる成人にならないと利用できないのです。

この理由は、民法によって未成年が行った契約はその保護者に当たる人が一方的に解除できる為です。キャッシング会社側も折角結んだ契約を後から人に解除されてしまってはたまりません。

ショッピングローン契約の場合はクレジットカードと同じく18歳から利用できますが、必ず保護者の同意が必要になります。キャッシングは使い道が自由なお金を直接に借りる行為だけに、後から解除されるとしてもその時には相当のトラブルが予想されます。その為、例え保護者の同意があっても未成年では利用できなくなっているのです。

主婦でも働いている人であれば、キャッシングの利用が可能です。

銀行の場合、専業主婦でも利用可能となっていることもありますが、消費者金融の場合は年収の1/3までしか利用できないという総量規制の対象になるため、収入が全く無い専業主婦の場合は利用できません。

それに対して、パートやアルバイトでも、安定した収入がある人であれば、キャッシングの利用は可能です。

ただ、女性の場合、消費者金融に対して不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、現在はそんな人でも利用しやすいように、女性専用のサービスを行う業者もあります。

利用する前に不安や疑問をしっかりと解消しておきたい、安心して利用をしたいと考えるのであれば、女性専用のサービスを行っている業者を選んでおくと良いでしょう。

銀行や消費者金融金融のカードローンは、無担保・保証人なしのものが多々あります。しかし、中には保証人が必要になるもの、保証人の種別の注意しなければ、トラブルの引き金になってしまいます。保証人が不要ということもあり、保証会社が保証業務を引き受けています。そして、契約者は金利に含まれる保証料を支払っているのが実態です。しかしながら、保証人が不要と掲げていたとしても、『原則』という単語が付随する場合、保証会社が保証人の選出を要求するものもあります。

そのため、保証人として周囲に迷惑を掛けたくないという方は、『原則』という記載が無いのもを選択することが重要です。また、仮に保証人を求められたとしても、『連帯保証人』になっていないことに注意が必要です。連帯保証人の場合、契約者と同じ義務を負うため、返済が遅れてしまうと連帯保証人に迷惑を掛けることになります。もし、契約しているカードローンは原則保証人不要かつ連帯保証人となっている場合は返済管理をしっかりと行う必要があります。また、家族や親類から保証人になってほしいと頼まれたとしても、連帯保証人となっている場合は快諾しないことをおすすめします。万が一、債務整理手続きをされてしまった場合、保証会社は速やかに連帯保証人に代位弁済を要求することになってしまいます。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックと三井住友銀行カードローンは即日融資に対応している銀行カードローンとして知られていますが、バンクイックを選ぶ人が多いです。そこで即日融資を受ける時に三井住友銀行カードローンよりバンクイックが選ばれるのはなぜなのか理由を挙げていく事にしましょう。

・審査回答時間が早い

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の中に設置されているローン契約機で申し込みをすると審査が即日回答されますがどのぐらいの時間がかかるか不透明な部分があります。即日融資を受けられても申し込みをしてから3時間以上かかってしまう事もあります。しかしバンクイックは三菱東京UFJ銀行の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が最短30分で回答されるので申し込みをしてから1~2時間でお金を借りる事が出来ます。

・周囲の人に気を遣う必要がない

三井住友銀行の中に設置されているローン契約機は壁で仕切られているだけなので申し込みをしている時に声が漏れてしまったりする事があります。それで周囲の人に気を遣いながら申し込みをする必要があります。しかし三菱東京UFJ銀行の中に設置されているテレビ窓口は完全個室になっているので申し込みをする時に声が漏れてしまう事がありません。申し込みをする時に周囲の人に気を遣う必要がないのもバンクイックを選ぶ理由になっています。

キャッシングをしていて、もう少し借りられたらいいのになと思うことはあると思います。その際は増額申込みをすることになります。もちろん増額申し込みにはいくつかの条件があります。
まずは概ね限度額以内での利用があること。カード会社側も利用が見込める人でないと増額はしてくれません。ただし過去にさかのぼって延滞があるようでは信用問題になりますので増額は難しくなります。
少なくとも半年以内に延滞のある方では厳しいです。
もちろん信用情報は他社にわたってのことになりますから、他社で延滞がある方も厳しいです。

増額申込みする際は、前年度の収入証明書を求められることがほとんどです。
就職したばかりや前年度職についていないなどで収入証明書が無い場合だと増額の希望は通り辛くなります。
収入証明書を参考の上、基本的には年収の3分の1の範囲内であれば増額は受け入れられます。
但し、他社カードの借入枠と合わせて3分の1を超えることはできませんので、その場合は他社カードの借入枠が減少してしまうケースもあります。

いろいろ条件がありますが、延滞なく借り入れをして、収入証明書があればカードの借入枠増枠そのものは難しくありません。チャレンジする価値は大いにあります。

改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、貸金業法に基づく金融事業を行なう会社は、貸付総額を年収の1/3以内に制限する総量規制の影響を受けています。総量規制に抵触した融資を続けていると、監督官庁からの摘発を受けて金融業者としての登録更新が出来ずに廃業に追い込まれるので、厳格に遵守するわけです。総量規制の対象となるのは、貸金業法に基いて金融事業を行なう信販会社と消費者金融に限定されるので、適用される法律が異なる銀行や信用金庫ならば、年収による融資額の制限が法的にはありません。

銀行や信用金庫のカードローンは、利用規約を確認すると様々な金利設定が行われています。審査に通過さえすれば、総量規制対象外だからこそ年収の1/3を超える融資を受けることも可能です。信用履歴がしっかりしていて、収入がそれなりに多ければ、利用限度額設定が高くなります。しかし、銀行カードローンの中には、利用規約に書かれている金利設定に幅がある商品が少なくありません。同じ利用限度額であっても、申込者の信用履歴により金利が年14%となる人がいる一方で、年8%で借入が出来る人も出てきます。利用限度額による金利差ではなく、個人の与信力に応じた金利設定が行われている銀行カードローンがあるので、総量規制対象外のカードローンを細かく比較してから申込先を選ぶ必要があります。

カードローンの多くは、資金用途自由として募集されていますが、借り換え目的を禁止している会社も少なくありません。消費者金融では、借り換え専用におまとめローンを用意しているので、借り換え目的ならばおまとめローンを利用して欲しいとしている会社があるからです。しかし、利用者からすると、利息制限法で定められている上限金利ギリギリの金利で貸付を行なう体制が、借り換えが頻発することにより銀行カードローン並に低金利化することを回避するために自主規制していると考えられます。少しでも低金利なカードローンに借り換えれば、返済が楽になるので、利用者は積極的な借り換えを行いたくなるでしょう。

利用規約に借り換え目的禁止とされているカードローンであっても、低金利であったり返済日が自身の給料日と合っていれば、利用したくなるでしょう。借り換えタイミングを上手に工夫することで、利用規約に抵触した借り換えを行っているとバレない方法があります。借入れ額と借り換え返済額を同じとせずに、日付もズラして複数回に分けて借り換えれば、明らかに借り換え目的で行ったとはバレにくくなります。日付と金額を意図的にズラして、貸金業者に悟られない借り換えが望ましいでしょう。