キャッシングで借りたいときは総量規制に注意を

お金をすぐに借りたいというときには最短でその日のうちに融資が受けられるキャッシングがとても重宝しますが、自分の借りたいと思っている金額が大きい場合には必ずしもキャッシングだけでその金額を借りられると決まっていません。なぜならば、キャッシングは総量規制の対象となっているからです。

総量規制では消費者の借り過ぎ、貸金業者の貸し過ぎを防止することを目的として施行されており、この規制があることで自分の返済能力を大幅に超えるような借金を消費者ができないようにしています。そのため、総量規制では最大で年収の三分の一までという金額が消費者がキャッシング等を利用して借りられる金額となっています。

もちろん、総量規制以外にも貸金業者独自に限度額は設定されてはいますが、その金額は総量規制によるものよりも低いのが一般的です。つまり、消費者が借りたいと思っている金額が自分の年収の三分の一を超えるような金額であったり、貸金業者が独自に設定をしている金額以上の場合にはキャッシングだけでは希望している金額に届かない可能性もあるのです。

そのようなときにはキャッシングよりも限度額の高い銀行カードローンに申し込んでみるようにしましょう。

Comments are closed.