月別: 2019年9月

家には2歳差の姉妹がいます。上の子は今年で3歳、下の子は1才になります。

次女が生まれる前に夫と懸念していたのが、長女のいやいや期と赤ちゃん返りでした。

先輩ママからはとにかく何かあったらまず上の子をかまってとアドバイスをもらっていたので、そのようにするつもりでした。

ところが実際に次女が産まれて自宅に戻ったあと、長女は驚きの変貌を見せました。セノッピーの3ヶ月間の効果

もともと素直で育てやすい子だとは思っていましたが、やはり次女が産まれたら妬んだり親にかまってほしくてわざといたずらしたりするんじゃないかと思っていました。

ところが長女はお姉ちゃんとしての頭角を見る見る現していきました。

妹がすやすや眠っているときにはそっと毛布をかけてあげたり、自分がやる!と言って私の持っていたミルクを妹に飲ませてあげたり。

1番驚いたのは、私が次女に授乳していたときに空いていたスリングにぬいぐるみを乗せて抱っこし、部屋をお散歩していたことです。

それを見たときに初めて「この子はちゃんとお姉ちゃんになってくれたんだな」と実感しました。

それからも寝返りをうって床に頭をぶつけた次女のために、両手に抱えきれないほどぬいぐるみを持ってきて床に置き「これでいたくないよ」と次女を慰めてあげたり、一生懸命つかまり立ちをしている次女の手を取って一緒に歩こうとしたりします。

それは長女が元々持っている母性なのか、それとも親が次女をお世話する姿を見て学んでくれたことかは分かりませんが、私はそんな長女のことを誇らしく思います。

願わくば次女も長女のように、年下の子にやさしくできる子に育ってくれますように。

夏もたけなわ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、夏と言えば紫外線による影響を考えます。

特に女性の皆様では、日焼けによるお肌のダメージが気になる季節です。

その紫外線対策はお進みでしょうか。

ビハキュアを使った効果と口コミ!最安値で購入可能な通販はどこ?

紫外線は、日光を通して一年中降り注いでいる照射線です。

その量は、太陽に近づくほどに多くなり、まさに今の夏が一番の“紫外線ピーク”と言うことです。

紫外線には、A波・B波とあるのはご存知でしょうか。

まずは、紫外線A波・B波を知ってから対策をお考えください。

一般的に「日焼け」の状態は、紫外線B波の影響によるものです。

B波が肌に当たることで、肌自体が自己防衛の為にメラニンという黒い色素を出します。

この黒い色素こそが、日焼けの状態を示すと、同時にシミの根源になってしまうのです。

紫外線A波は、肌を形成するためのコラーゲンを壊してしまうという、厄介な力があります。

すなわち、コラーゲンが壊されると、正常な肌が作られないと言うことになり、当然、出来上がった肌は健康ではありません。

水分の保てない肌になり、若々しい肌からは程遠くなるのは言うまでもありません。

当然、シワ・たるみにつながる結果になるのです。

季節を問わず、毎日のお手入れは必要ですが、夏場のお手入れは特に念入りに考えて実行しなければなりません。

UVケアをおろそかにしてしまうと、後々取り返しの付かないことになるかもわかりませんよ。

今からでも遅くはありません。

紫外線対策で、健康なお肌をお守りください。

以前ほどではありませんが、世間では今なおスリムな体型が好まれています。

ヘルシー志向の食事、脂肪燃焼に効くエクササイズという風に、周囲にはダイエット関連の情報や商品が溢れています。

ここからは私が数年前に経験した出来事です。

骨盤ガードルギュギュギュは効果なし?購入して1ヶ月履いた私の口コミ!

大学を卒業して晴れて社会人となった頃でした。私は事務職として採用されました。

先輩社員から「事務職は太るよ」と何気なく言われたひと言が全ての始まりでした。

当時の私は太っているどころか標準体重よりもやせ型でした。それでも太りたくない、体型を維持したい、と思うようになり、行動に移しました。

まずは食事の量を減らしました。夕食のお米の量を少なくする程度でしたが、体重は減りました。

結果が数字で表れる事に一種の快感を覚えた様で、それからは運動も取り入れるようになりました。

みるみる減っていく体重。更に食事の量を減らし、間食も摂らなくなりました。

そんな生活が続いて暫く経った頃、心身に影響が出始めました。

骨と皮だけのような見た目になり、生理が来なくなりました。常に落ち着きが無くなり、イライラしていました。極端に脂肪が無くなった為に真夏でも寒くてたまりませんでした。髪もやせ細り、肌もカサつきました。

それでも自分はまだ太っていると思いこみ痩せる事に執着していた為に眼だけは常にギラギラとしていました。

今思い返してみると、周囲には異様な生き物に映っていたことでしょう。

幸いにも仕事は緩い会社だったので、なんとか通えていました。それでも仕事とダイエットのみをこなしていく日々で友人との付き合いも無くなりました。

「このまま極限まで痩せて死んでも悔いはない」そう思っていた頃でした。

仕事中に急に胸が苦しくなり、息が出来なくなりました。急いで病院に駆け込むと、なんと痩せすぎたことで肺に穴が開いてしまっていたのです。

死んでもいいと思っていたくせに、死にたくないと恐ろしくなりました。そして元に戻りたい、とも。

それから私は適切な治療を受けるようになりました。辛く苦しい期間でした。治療は数年に及びました。

そして現在、私は健康だった頃の体型に戻りました。結婚もして、毎日美味しい料理を作ることに精を出しています。

しかし、あの経験の為に子供が出来辛い身体になってしまいました。主人はその点を理解してくれていますが、やはり後悔しています。

今ダイエットをしようとしている人、特に若い人に言いたいです。「それは本当に必要な事なの?」と。

人生はまだまだ永いのです。一時の感情に流されて大切な将来を無駄にしないでください。

誰しも一度や二度、いや何度もダイエットをしようと思ったことがあるのではないでしょうか。

いや、ダイエットの記事を読んでいる人ですから次こそは!な気持ちですよね。

でも、知ってました?脂肪1kg落とすのに7000kcal必要なこと。これってつまり、運動しないで痩せるってことが無理だと言っているようなものです。

年代によって代謝は異なりますけど、私たちの体は食べたものからエネルギーを得て、命を営んでいます。骨盤ショーツギュギュギュ

食べないで痩せようとする人が大勢いますけども、食べないで落ちる体重は脂肪ではなく筋肉なんですね。

筋肉は重いので、1日、2日食べなければ数値上は減ります。減りますけど、代謝が落ちているので、食べたら食事を抜く前よりも筋肉による代謝が落ちているので痩せにくくなっているんですね。

しかも、食べることを我慢するとストレスが半端ないですよね。

ということはですね、普段から定期的に運動して摂取カロリーと消費カロリーを意識して、消費カロリーを摂取カロリーが下回るようにして、短期ではなく長期的に痩せるしか方法はないんです。

結局は定期的に運動をして、バランス良く食べることが一番太らない方法だといことです。

昔の人が言うことはやっぱり正しいんだなという話でした!

私が行ったダイエットは、筋トレと有酸素運動の王道です。

ビークレンズの最安値通販は?購入して3ヶ月間飲んだ効果と口コミ!

最初は専門のトレーナーについてもらい、筋トレのフォームと頻度について確認しました。筋トレはフォームが一番重要で、フォームが崩れていると回数やっても仕方がないですし、変な筋肉がついてしまうので、しつこいくらい確認することが大切です。10回が何とかできる重さがちょうどですが、フォームが正しくできていれば、あまり重い重量ではできないと思います。10回を3セットが基準になります。筋トレの順番は下肢→上肢→体幹の順に行うと効率よく出来ます。2日に1回行いました。毎日やると筋肉の回復が間に合わないので、1日置きにするようにしましょう。

有酸素運動はウォーキングマシンや散歩、たまにジョギングをしてました。あまり息切れするくらいだと強度が強すぎるので、汗ばんで気持ちよく歩ける強度で歩きました。毎日30分?1時間は行いました。

筋トレと有酸素運動どちらを先にするか、ですが筋トレを先にするのがオススメです。筋トレをすることで血流をアップさせてから有酸素運動を行うと、効率的に脂肪を燃やせます。逆にすると脂肪は燃えにくいですし、エネルギーが切れている状態で筋トレをするのでケガしやすくなります。

3ヶ月やった結果、10キロ減らすことができ、リバウンドも少なかったです。気合いを入れて取り組んでみて下さい。

食べること・飲む事が好きな私は、

転勤をきっかけにして、

趣味であったフットサルもやらなくなり、

あっという間に15キロの増加へとなってしまいました。

転勤先が北海道であったのも輪をかけて、

ついついおいしいものを食べて、飲んで、してしまいました。

そんな生活をしていればあっという間に増量してしまうのは目に見えていたのに、

周りのあおりもあり止められませんでした。

そんな中、ある方と出会うこととなりました。

その方は私と同じく飲むことが大好き!ただ、まったく太りません。

ある日いつものように一緒に飲んでた時、冗談半分で20キロ痩せたら付き合おうよ。

なんて話が浮上しました。

お互いに冗談半分でしたが、フリーであったため約束されました。

正直不純な動機ではあると思いましたが、本腰をいれてダイエットをすることにしました。

ダイエットするからと言って、毎週数回の飲み会は必ず参加です。

ここまでくると運動を強制的にするしかないという気持ちしかなかったので、

毎日少しだけ会社の帰りを早くしてジムに通うこととしました。

私はやると決めたら徹底的にやる人間なので、

基本的には週7でジムに通い続けました。

おかげで運動不足は解消し、仕事でのストレスも多少解消され、かつ目標達成にも近づいていく!

素晴らしいことしかありませんでした。

7か月後には15キロの減量を達成しました。

目標まで残り5キロという時に、相手からさよならを告げられることとなりましたが…

最後はさよならを糧に5キロを減らし、1年経たずして20キロ減量を達成しました。

きっかけは何でもよいので、是非定期的な運動を心掛けて健康的なダイエットをして頂ければと思います。http://faqs-humanitarian-architecture.com/

息子が中学生になり、吹奏楽部に入部しました。

楽器はホルンを担当しています。

私も中学生の頃、吹奏楽部でホルンを担当していたので、息子が同じ楽器を担当している事が、とても不思議な感じです。

先日、吹奏楽祭が行われ、息子の中学校も高校生や一般の方と一緒に出場させてもらいました。

3年生が部活を引退して、1、2年生だけの演奏でしたが、とても頑張ったと思います。

無事に吹奏楽祭が終わり、息子を迎えに行くと、私が中学生の時に吹奏楽部でお世話になった先生がいらっしゃって、すごくびっくりしました。

18年ぶりの再会でした。セノッピーは効果なし?!森三中大島さん愛用サプリの口コミを暴露!

今朝、会場に向かう途中「もしかするとお母さんがお世話になった先生も来てるかもよ」なんて息子と話をしたばかりだったので、息子もすごくびっくりしていました。

先生に声を掛けると、初めは誰かわかっていませんでしたが、名前を言うとすぐに思い出して下さいました。

先生に、息子も私と同じホルンを担当している事を話したら、喜んで下さい、息子に私が中学生の頃の話をして下さいました。

もっと、たくさん話をしたかったけど、息子の学校まで楽器を運ばないといけなくて、あまり時間がなく残念でした。

またイベントの時にお会いできると思うので、とても楽しみです。