月別: 2019年3月

私が行っている節約・貯金方法は給料日後に一か月使える金額を一気に口座から引き出し、お財布に入れておきます。

またそこから更に決まった金額を引き出し別のお財布に入れ、「食費・生活費用」として利用するようにしています。

あらかじめ一か月使えるお金を決めておくことで、生活費も交際費も工夫してどう使うかを考えることができるので節約に繋がっています。

クレジットカードと支払を行った場合は、カード使用後すぐに口座にお金を入れて、「現金を使った」という感覚にしておきます。

それと同時に積立を毎月行い、少額ですが無理のない範囲で貯金を行っています。

積立は通常の貯金よりも、よほどのことがない限り引き出せないお金なので結果的に貯金に繋がります。

忘れたころに通帳を見ると、意外とお金が貯まっていたことに気が付くので満足感や達成感も通常の貯金よりも別格です。

一度積立をすると、そのお金を使いづらいという気持ちにもなるので、かなり長期間貯金をすることが出来るのでとてもいい方法だと思います。

現金の積立とは別に「純金積立」も行い、純金が貯まる楽しさと自分が純金を引き出す頃にどのくらいの価値があるのかを想像しながら貯めています。

純金積立は、いざ引き出すという時に金のアクセサリーや硬貨にも換えられるほか、現金としても交換が出来るので便利です。

地道にコツコツと、無理ない範囲で節約と貯金をすることが一番いい方法だと思っています。

キャッシングとはクレジットカードについてるキャッシング機能を使用してATMやCD(キャッシュディスペンサー)でお金を借りることを言います。キャッシュは数万円から数十万単位と借入限度額が少ないことが多いです。手元に現金がない時簡単に借りることのできる便利な反面、キャッシングするということはそのカード会社に借金をするということを忘れてはいけません。

当然借りたお金は返していかなければいけないのでキャッシングの返済について説明します。まず返済方法は毎月の口座引き落としの他にコンビニや銀行ATMにて返済することが出来ます。

ATMにて返済することが出来ないカード会社もあるためカード会社ごとに確認が必要になります。そしてキャッシュの返済は一括払いとリボ払いがあるのですが必ず金利手数料を負担しなくてはいけません。

金利は最大18%と設定されているところが多いです。無計画にキャッシングを利用すればどんどん返済額が膨らんでいくことを踏まえてなるべくキャッシングを利用しない、利用するときは返済のことも考え借りる金額を少なめにするなど計画に利用することをおすすめします。

我が家は、定年退職した私と妻の二人暮らしです。2人とも60才半ばで無職です。年金で生活しています。したがって、生活は裕福とはいえませんが、心豊かに暮らしていると感じています。そんな我が家の節約術について、以下に書いて行きます。

まず心がけていることは、無駄な出費はしないことです。衣類は、おしゃれ心を失っては心豊かに暮らすことにはならないので、必要があるときは思い切って買いますが、衝動買いはしないように工夫しています。最低2回は日にちを変えて、その商品を点検し、試着し、よくよく考えてから、どうしても必要だと判断した時に買います。

これは、衣類だけにとどまらず、家電製品なども同様にしています。これにより無駄なものを買うことによる出費はかなりなくなりました。車両保険もこれまでリアル店舗の保険会社にしていましたが、特に不便がないと理解しましたので、ネット保険に切り替えました。

また、光熱水費では、水洗トイレの流し水や、洗濯機の水は風呂の残り水を使っています。バケツに汲みトイレに2つおいています。洗濯機にはバケツで汲み上げています。洗濯はある程度たまった段階でまとめ洗いしています。電気については、テレビは特定の番組以外は見ません。

照明は必要な箇所だけ点灯して、LED照明の「くつろぎ設定」を選択しています。この方が精神がやわらぎます。貯蓄術は、ノーリスクの定期預金を利用して、できるだけ利息の高い金融機関を選択しています。今から変に金融資産を増やそうとしてリスクのある商品を選択することは、心豊かな暮らしにはならないと考えています。

最後に、必要なものは、現金買いをするようにしています。ローンを組んだり、借金をしたりすることはしないようにしています。それらは、ほしいものを早く手にできますが、結局利息や手数料で高上りとなります。以上です。参考にしていただけれはうれしいです。