月別: 2017年12月

みずほ銀行カードローンの利用者が増えてきている傾向がありますが、どのような特徴があるのか分からない人も少なくないでしょう。そこでみずほ銀行カードローンの特徴をいくつか挙げていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンは上限金利が14%に設定されています。他の銀行カードローンは上限金利が14.5%ぐらいで設定されている事が多いので低金利という点が最大の特徴になります。また限度額が最大1000万円までになっているので多額の借り入れをする事も出来る点もみずほ銀行カードローンの特徴になります。

みずほ銀行カードローンは金利を重視して負担を軽減しながらキャッシングをしたい人や多額の借り入れをしたい人に向いているカードローンと言えるでしょう。

私は2社借り入れがあったタイミングで、そのうちの1社から案内をもらい、おまとめローンの契約に切り替えて返済が楽になった経験があります。

おまとめをするといくつかのメリットがあります。まず2社を返済していくよりも月々の返済金額が下がり、また金利も下げることができるので結果的に返済金額を下げることができる点です。

私の場合月々の返済が3万円近くあったところ1.9万円に。

そして金利もそれぞれ18%あったところおまとめにすることで14%に落とすことができました。

もう一つのメリットは意外かもしれませんがその1社からもう1社の契約を打ち切るための資金が振り込まれるというかたちではありますが、疑似体験的に「返済」を味わうことができる点です。

これにより「よし、まとめたこの1社もなる早で返済してやろう!」と思えるのです。

借金返済はメンタルととても深く関わってくるため、メンタル的な上昇はとても重要です。この点において1つにまとめるのはとても良いです。

以上です。

学生でもキャッシングは行えますが、20歳以上になっていることが条件です。つまり、成人でないとキャッシングは利用できません。これは借入先を問わず、どこを利用しようとして一緒です。

クレジットカードは18歳以上でも作ることができますが、その場合もキャッシング枠は20歳になるまで付きません。これらの直接現金を借りる行為は自分自身でその契約に責任を持てる成人にならないと利用できないのです。

この理由は、民法によって未成年が行った契約はその保護者に当たる人が一方的に解除できる為です。キャッシング会社側も折角結んだ契約を後から人に解除されてしまってはたまりません。

ショッピングローン契約の場合はクレジットカードと同じく18歳から利用できますが、必ず保護者の同意が必要になります。キャッシングは使い道が自由なお金を直接に借りる行為だけに、後から解除されるとしてもその時には相当のトラブルが予想されます。その為、例え保護者の同意があっても未成年では利用できなくなっているのです。

主婦でも働いている人であれば、キャッシングの利用が可能です。

銀行の場合、専業主婦でも利用可能となっていることもありますが、消費者金融の場合は年収の1/3までしか利用できないという総量規制の対象になるため、収入が全く無い専業主婦の場合は利用できません。

それに対して、パートやアルバイトでも、安定した収入がある人であれば、キャッシングの利用は可能です。

ただ、女性の場合、消費者金融に対して不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、現在はそんな人でも利用しやすいように、女性専用のサービスを行う業者もあります。

利用する前に不安や疑問をしっかりと解消しておきたい、安心して利用をしたいと考えるのであれば、女性専用のサービスを行っている業者を選んでおくと良いでしょう。