月別: 2017年9月

カードローンの多くは、資金用途自由として募集されていますが、借り換え目的を禁止している会社も少なくありません。消費者金融では、借り換え専用におまとめローンを用意しているので、借り換え目的ならばおまとめローンを利用して欲しいとしている会社があるからです。しかし、利用者からすると、利息制限法で定められている上限金利ギリギリの金利で貸付を行なう体制が、借り換えが頻発することにより銀行カードローン並に低金利化することを回避するために自主規制していると考えられます。少しでも低金利なカードローンに借り換えれば、返済が楽になるので、利用者は積極的な借り換えを行いたくなるでしょう。

利用規約に借り換え目的禁止とされているカードローンであっても、低金利であったり返済日が自身の給料日と合っていれば、利用したくなるでしょう。借り換えタイミングを上手に工夫することで、利用規約に抵触した借り換えを行っているとバレない方法があります。借入れ額と借り換え返済額を同じとせずに、日付もズラして複数回に分けて借り換えれば、明らかに借り換え目的で行ったとはバレにくくなります。日付と金額を意図的にズラして、貸金業者に悟られない借り換えが望ましいでしょう。

銀行カードローンを利用しているはずなのに、何故か見覚えのない消費者金融から封書が送られてきたり、連絡が来ることがあります。これは冗談ではなく、本当の話です。

何故こんなことが起きるのかと言うと、銀行カードローンにはどの銀行でも必ず保証会社が付いています。この保証会社の存在がある為、無担保、保証人なしでの融資が可能なのです。
つまり、もし契約者が返済を行わなくなってしまっても、銀行はその保証会社から代位弁済を受けることできるので、一切損はしない仕組みです。

そして、この銀行カードローンに付いている保証会社のほとんどは実は大手消費者金融です。
プロミスなどは約20もの銀行カードローンの保証会社となっており、銀行カードローンの返済を長期に渡って延滞した為に、銀行側が取り立てを諦めて保証会社から代位弁済が行われると、それと引き換えにその保証会社に債権が譲渡されます。
プロミスが保証会社だった場合、今度はプロミスから取り立てを受けることになるという訳です。
よって、銀行カードローンを利用しているのに突然消費者金融から連絡があり、債権の譲渡が行われたと伝えられることがあるのです。

ただ、この代位弁済や債権の譲渡はよほどのことがない限り行われません。
概ね3ヶ月以上も本来の返済日から延滞した場合がその対象だと言われており、ここまで遅れてしまうことは自ら返さないと決めた場合を除いてまずないでしょう。
その為、普通に利用していれば何も心配は要りません。数日返済が遅れた程度ではこのようなことにはならないので安心してください。

現在ネット銀行で口座数が最も多いのが楽天銀行ですが、この1年で最も口座作成数が多かったのはソニー銀行です。楽天銀行はある程度の預金がなければ使い勝手が悪く、セブンイレブンとミニストップのATMがいつでも手数料無料で使えるソニー銀行に人気が集中したと思われます。そのソニー銀行が提供するのがソニー銀行カードローンで、こちらも人気が高いカードローンとなっています。

ソニー銀行カードローンの人気の秘密は、最短60分で審査が完了し、ソニー銀行の口座がなくても平日14時30分までに契約が完了すれば即日振込融資が受けられることです。ただし口座開設の義務はあります。すでに口座をお持ちの方なら、原則として必要書類は提出不要です。ただし借入金額に関わらず提出を求められたら、収入証明書類の提出は必要となります。口座をお持ちの方は、すでにお持ちのキャッシュカードで審査に通り次第お金が借りられるのです。

またソニー銀行カードローンは、専業主婦の方でも配偶者に安定収入があれば50万円まで利用できます。またローンカードが発行されないし、WEB明細なので、配偶者にカードローン利用がばれにくいというメリットもあります。ちなみに金利は年13.8%とかなりの低金利で、月2000円の返済からとなっています。

このようにソニー銀行カードローンは、当行口座がなくても平日なら即日振込融資が受けられます。また専業主婦にも優しく、配偶者で内緒で借りられるような配慮があるところが人気の必要です。

主婦がキャッシングを行なう際には、従来は消費者金融が利用されていました。しかし、改正貸金業法が完全施行されて以降、総量規制の影響を受けて借入れが本人の年収の1/3以内に限定されたことが影響し、借入先の中心が銀行カードローンへ移動しています。なぜなら、銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは異なる法律に則って貸付業務を行っているので、総量規制対象外だからです。主婦とひとくちに言っても、専業主婦と兼業主婦の2通りあるので、少なくとも本人に収入が無い専業主婦は、銀行カードローンを選ばなければなりません。

しかし、パート勤務や正規雇用で働く兼業主婦は、自らの収入を基準として消費者金融からの融資を受けられます。柔軟な審査に定評がある消費者金融を選ぶ場合には、利用限度額は総量規制の範囲内に限られるものの、審査通過という面では金利が高い分だけ銀行カードローンよりも通りやすいと考えられるでしょう。一方、金利面を考えると銀行カードローンを利用した方が、平均3%以上も金利設定が低くなるので、審査に通過さえすれば銀行カードローンが有利です。100万円以内の利用限度額ならば、消費者金融では利息制限法の上限金利ギリギリな18%弱の貸付金利に対して、銀行カードローンは14%台が一般的となっています。