月別: 2015年10月

一般的にキャッシング審査の時に勤務先へ電話確認がありますが、この電話確認はどういう事をするのか気になるものです。

特に在籍している社員数が少ない所だと、金融業者に借金の申込みを行って業者から自分に電話がかかってくると周りにすぐに知られてしまうのではないかと不安に感じますし、お金を借りている事は知られたら困るという方も多いですから、キャッシングしたくても電話確認が不安になります。

しかし、こうした電話連絡がどういうものか知っておくと不安になる必要も無いですし、電話連絡がどうしても嫌というならば対策方法もあります。

「キャッシング審査における電話連絡の特徴とは」

金融業者にキャッシングを申し込むと、審査に通過しないとお金を借りる事が出来ないものであり、流れとしては仮審査と本審査があり、仮審査の時にはコンピューターの自動診断で数秒で判定される事になります。

年齢や借金希望額、在籍年数等の基本的な情報を提示する事で審査に進めるかどうかの仮審査ですから、無職無収入では無いか、他に借金が多すぎる事は無いか等のごく簡単な審査となり、この仮審査の次の段階の本審査では人間の手で進めて行く事になり、電話連絡は本審査の時に設定されているものです。

電話連絡の特徴としては、仮審査で提示した情報に嘘が無いかの確認を行うものであり、会社勤務しているという情報を提示したにもかかわらず、実際には勤務していないという虚偽の情報が無いかどうかのものでもあり、基本的に会社に在籍している事が解れば一定の収入の流れを持っているという事の確認になりますから、返済能力をチェックする上でも重要なものです。

この電話連絡による在籍確認では業者の名前でかかってくるわけではなく、個人名で名乗ってかけてくる事になりますし、仮に業者から電話があった時に会社で席を外していても問題は無く、在籍している事が解れば良いので非常に簡単に終わるものです。

ですから周りの社員にバレる心配も無いものと言えます。

「電話連絡無しでキャッシングを行う方法について」

この在籍確認の電話連絡が嫌という場合には、金融業者によっては在籍連絡無しでキャッシングを行ってくれる所もあります。

条件としてはネット経由で申込を行ってメールでのやりとりが可能な事や、キャッシングした場合にはルール通りに返済する事が必要であり、返済時の遅延や滞納をしてしまうとすぐに電話連絡が来ますし、郵送等も送られてくる事にもなります。

ルールを守って利用している間は会社や自宅への電話や郵送物は無いですから、ルールに従って利用出来ている間は問題なく利用する事が出来るものです。

「まとめ」

基本的に電話連絡で借金がバレる心配は無いですし、電話連絡が嫌な場合は在籍確認無しでキャッシング審査を進めてくれる業者もあるという事です。
こうした特徴を知った上で借金の申込みを行って、借りた以上は必ず返済出来るように利用すると良いです。