秋の旬の魚は、有名な物が多いです。

秋に美味しい旬の魚はたくさんあり、その種類は秋刀魚やカジキ鮪と鰹などでどれも美味しそうな魚です。

一番私が好きなのは握り鮨で、鰹やカンパチ、秋刀魚が美味しかったし、煮魚では金目鯛がとても美味しいです。

今回は、まず初めに前から名前が気になっていた「カジキマグロ」から調べたいと思います。

今まで、スーパーで買ったりお鮨屋さんで食べたりしても、特に疑問に思いませんでしたが、マグロと言いながら、マグロとは全く違うそうです。

マグロと類似点が多いということと、「カジキ」の語源は強力で船底を貫く「くちばし」からつけられたそうです。

ふと思ったのですが、船底に穴をあけられたら大変なことになるのですごい破壊力と思います。

地方では、いろんな名前で呼ばれていて、紀州ではスキヤワやスギヤマ、関西はオイラギ、また富山はカンヌシ、鹿児島ではアキタロウやアツタロウなどと呼ばれ、地方によって違いがあって面白いです。

次にカジキマグロの栄養素についてですが、高タンパクで低脂肪さらにミネラル豊富なのでとても、健康に良い食材です。

ミネラルやビタミンの他にDHAやEPAさらにアミノ酸などです。

含まれるDHAやEPAは、生活習慣病の予防や改善に効果があり、活性酸素の活動の抑制、また、脳の活性化や脂肪を燃やす力をアップします。

ビタミンDやB12とEさらにナイアシンが多く含まれ、血行促進や冷え性改善または、成長促進に効果があります。

カジキマグロの料理は新鮮な物は刺身で、色持ちが良く変色もしないそうです。

また、身が軟らかいので焼き物や煮物にも向いていますし、冷めても軟らかいため、お弁当に入れても美味しいです。

そてに、油を使った料理に向いているので、バター焼きやステーキさらに幽庵焼きが紹介されています。

各地のご当地メニューもありそうで、秋の旅行を計画したくなりました。

つぎは、カンパチですが、漢字名では「間八」で初めて知りました。

お刺身や握り鮨として食べることが多い魚です。ギュギュギュは効果なし?

日本酒が好きな私は、お刺身と熱燗を楽しむことが多いです。

しかし、カンパチについて、あまり知らないので調べてみました。

カンパチの旬は、夏の8月から初秋の11月にかけて旬で、ブリとヒラマサと並ぶ御三家であり、御三家は共に美味しいお魚です。

ブリは11月~2月で、ヒラマサは4月~夏8月が旬であり、その合間をカンパチが埋めるようです。

天然の水揚げもありますが、国内の6割は養殖が盛んで、産地は鹿児島や愛媛と三重などです。

名前の語源は、幼魚の顔から名前がついたようで、眉間の模様が八の字に見えると言うことから「間八」となったようです。

成魚になると異なるそうで、幼魚に現われる模様だそうです。

いろんな呼び名と出世魚は地方に行くといろいろな呼び名があります。

アカバラは鹿児島、ネリコやネリは鹿児島や高知、さらにツビキは熊本でそれぞれ語源があると思いますが、いつか現地に行き食べてみたいと思います。

名前の変化については、カンパチは関東の呼び方で35cmのショッコから始まり、60cm物をシオゴと呼び80センチをアカハナでそれ以上をカンパチと言います。

また、この魚は低カロリーなので、DHAやEPAなど健康に良い成分が豊富で、さらに悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げてくれます。

また、ダイエットにも効果があり、肉と炭水化物から魚中心の食事に変えてから、運動嫌いの私が2~3年で5㌔のダイエットに成功することができました。

これからも、秋の良い時期に産地に行って、美味しい魚をいただきたいと思います。

Comments are closed.