ダイエット中の食生活

ダイエット中の食事は、極端に偏った食事になりがちです。痩せることばかり考えていると貧相な体つきになってしまいます。痩せているけれど血色が良くて健康な体型になることがダイエットの目標です。まず、女性が好きなケーキ、パン、アイスクリーム、などのほとんどのデザートはNGです。キュリーナの口コミ評価を大暴露!効果なしで痩せないのか購入して検証!

糖質が多すぎます。甘いものを食べたいときはヴィーガン向けのジェラートやフルーツを食べるようにしましょう。朝は、野菜や納豆やフルーツなどを食べて、無糖ヨーグルトで腸を整えます。朝ごはんを食べる習慣がない人は朝食抜きでいいでしょう。そして昼と夜もメインは野菜にします。

それも、調理したものではなく生野菜です。レタス、トマト、パプリカ、など彩りの良いサラダを食べてください。また、お肉や魚でタンパク質を摂ることも重要です。お肉は一番ヘルシーな鳥がおすすめですが、植物性の油を使って調理する上では他のお肉でも問題ないでしょう。

スナック菓子は絶対にNGです。おつまみが食べたくなったときはナッツを食べるようにしてください。消化の働きを良くしてくれます。ときには付き合いなどでラーメンを食べなければいけないときもあるかもしれません。そういうときは野菜を大量にトッピングして、麺にたどり着く前にすでにお腹がいっぱい、という状態にするといいでしょう。麺は一口、二口で済みますし(飲食店にとっては迷惑行為なので、お詫びすることを忘れずに)、汁を飲むこともなくなります。

居酒屋での飲み会は、油っこいものを避け、手当たり次第に料理を口に放り込むのはやめましょう。どんなときも腹八分を目安にしてください。このような食生活を1か月続けるだけで1、2キロは減ります。3か月続けたところで味覚も変わり、元の食生活には戻れなくなります。ぜひ習慣づけてください。

Comments are closed.