ステロイド漬け20年から脱出した、入浴法

私は小さいころからアトピーで、3ヶ月に一回皮膚科にいって薬を処方してもらっていました。

20年以上ステロイドを使っていて、強さも一番強い薬を使っていました。

26歳のある日、仕事が大変でアトピーが悪化してしまいました。

体を動かすとかさぶたが切れて血が出ます。

顔は膨れて赤ら顔で、自分の顔を人に見せたくなくて、仕事も辞めたくなりました。

一番強いステロイドを使って、内服薬も飲んで、毎晩かゆみと戦う日々。

それでいて直らず、医者の言うことはいつも変わらない。

だから私は、自分の体は自分で治すことを決意しました。

仕事は辞めました。

まず、入浴方法を変えました。

石鹸、シャンプーをやめました。

肌のバリアを壊さないためにです。

お湯だけで、十分汚れは落とせます。

ハクアージュは市販の店舗で取り扱いあり?購入して使った効果と口コミ!

お風呂の温度はぬるめ(40度ぐらい)にします。

敏感な肌は42度程度でダメージを受けます。

お風呂ではしっかり温まって、あがる前にシャワーで冷水を浴びます

これは冷水を浴びることによって、皮膚の細胞の隙間を閉じさせて、水分の蒸発を防防ぐためです。

冷水を浴びたら仕上げに、傷にしみすぎない程度の濃度の塩水を体に刷り込みます。

皮膚は本来酸性です。これは細菌を消毒する効果があります。

そして皮膚の内側はアルカリ性です。

アトピーで肌のバリアが壊れると、本来酸性で生き残れない細菌が皮膚の中に入ります。

すると炎症を起こしてとびひ(患部の液体が触れた部分がかぶれる)を起こします。

それに対して、塩水は酸性です。アトピーのジュクジュク化の可能性を減らせます。

そして個人的感想として、塩水は皮膚が乾燥するのを防いでいるように感じます(筆者談)

そして風呂上りに、薬は一切塗りませんでした。

この生活の中、悪化して皮膚がなくなった場合はすぐステロイドを塗りました。

このお風呂の入り方以外にも

・朝食は抜く(腸内環境整理)

・かゆくなったらすぐに塩水で洗う

・肉禁止(死毒)

を半年間続けた結果、たまに悪化するけど、日常生活に支障ない程に落ち着きました。

今はお風呂の入り方以外実行していません。

一般常識で肌にとって一番ダメージになっているのが、入浴の常識だと思うので、少しでも興味が出ましたら、読者様もどうぞお試しください。

Comments are closed.